万葉秀歌(一)

講談社学術文庫
マンヨウシュウカ
万葉秀歌(一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、生涯『万葉集』を愛しつづけた久松博士が、最期まで情熱を傾注してその解釈と鑑賞を行った、万葉の秀歌900首の集大成であり、著者の絶筆である。選びぬかれた秀れた歌、人口に膾炙した歌の1つ1つに加えられた、わかりやすく、ゆきとどいた注釈と、深い理解にみちた鑑賞とがあいまって、『万葉集』の心を伝え、現代人に一層親しみやすいものとなっている。本巻には、『万葉集』巻第1・巻第2の歌から110首を収録する。

目次

  • 1 万葉集解説
  • 2 万葉集巻第1
  •  1.雑歌
  •   1.籠もよみ籠もち
  •   2.大和には群山あれど
  •   3.八隅ししわが大君の
  •   4.たまきはる宇智の大野に
  •   5.秋の野のみ草刈りふき
  •   6.熱田津に船乗りせむと
  •   7.高山は畝傍雄男しと
  •   8.香具山と耳梨山とあひし時
  •   9.わたつみの豊旗雲に
  •   10.冬ごもり春さりくれば
  •   11.あかねさす紫野ゆき
  •   12.紫のにほへる妹を
  •   13.河上の湯津磐村に
  •   14.打麻を麻績王
  •   15.うつせみの命を惜しみ
  •   16.み吉野の耳我の嶺に
  •   17.淑き人の良しと吉く見て
  •   18.春過ぎて夏来るらし
  •   19.玉襷畝火の山の
  •   20.古の人にわれあれや
  •   21.ささなみの国つ御神の
  •   22.白浪の浜松が枝の
  •   23.やすみししわが大君の
  •   24.見れど飽かぬ吉野の河の
  •   25.鳴呼見の浦に船乗りすらむ
  •   26.釼つく手節の埼に
  •   27.潮さゐにいらごの島べ
  •   28.八隅ししわが大君
  •   29.阿騎の野に宿る旅人
  •   30.真草刈る荒野には有れど
  •   31.東の野にかぎろひの
  •   32.日なみしの皇子の命の
  •   33.やすみししわが大君
  •   34.やすみししわが大君
  •   35.藤原の大宮仕へ
  •   36.巨勢山のつらつら椿
  •   37.朝もよし紀人ともしも
  •   38.河のへのつらつら椿
  •   39.引馬野ににほふ榛原
  •   40.いづくにか船泊てすらむ
  •   41.ますらをの猟矢たばさみ
  •   42.いざ子ども早く日本へ
  •   43.葦べゆく鴨の羽がひに
  •   44.倭には鳴きてか来らむ
  •   45.ますらをの鞆の音すなり
  •   46.わが大君ものなおもほし
  •   47.飛ぶ鳥の明日香の里を
  •   48.大君のみこと畏み
  •   49.青丹よし寧楽の家には
  •   50.山辺の御井を見がてり
  •   

製品情報

製品名 万葉秀歌(一)
著者名 著:久松 潜一
発売日 1976年06月07日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-158002-2
通巻番号 2
判型 A6
ページ数 363ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る