戦争の日本近現代史

講談社現代新書
センソウノニホンキンゲンダイシ
  • 電子あり
戦争の日本近現代史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本はなぜ太平洋戦争に突入していったのか。為政者はどんな理屈で戦争への道筋をつくり、国民はどんな感覚で参戦を納得し支持したのか。気鋭の学者が日清戦争以降の「戦争の論理」を解明した画期的日本論! (講談社現代新書)


日本はなぜ太平洋戦争に突入していったのか。為政者はどんな理屈で戦争への道筋をつくり、国民はどんな感覚で参戦を納得し支持したのか。気鋭の学者が日清戦争以降の「戦争の論理」を解明した画期的日本論!

目次

  • 第1講 「戦争」を学ぶ意味は何か
  • 第2講 軍備拡張論はいかにして受け入れられたか
  • 第3講 日本にとって朝鮮半島はなぜ重要だったか
  • 第4講 利益線論はいかにして誕生したか
  • 第5講 なぜ清は「改革を拒絶する国」とされたのか
  • 第6講 なぜロシアは「文明の敵」とされたのか
  • 第7講 第1次世界大戦が日本に与えた真の衝撃とは何か
  • 第8講 なぜ満州事変は起こされたのか
  • 第9講 なぜ日中・太平洋戦争へと拡大したのか

製品情報

製品名 戦争の日本近現代史
著者名 著:加藤 陽子
発売日 2002年03月19日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-149599-9
通巻番号 1599
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る