ユングの心理学

講談社現代新書
ユングノシンリガク
ユングの心理学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「魂の医師」としてユングは、自己内部を深く凝視し、心の深奥、広大な無意識の領域へ踏みこんでいった。そこは、人間の喜怒哀楽の感情を生みだす源泉であり、心のあやういバランスを保つ力も存在している。忘れられたの断片〈影〉、内なる異性像〈アニマ・アニムス〉、母なるものの根源にある〈グレート・マザー〉、そして〈老賢人〉などのイメージは壮大な神話やファンタジーを創りだしつつ、日常のささやかな幸福や人間関係のドラマにも密接に関わっている。ユングの心理学は、生の根底、自己の未知なる内面への旅である。

ファンタジーの創造社――ユングの心理学では、病的な症状はただ治療しなければならない、過去の悪い思い出とつながるだけのものではない。そこにはすでに、これから生まれるべき、別の姿が、一つのヴィジョンとして含まれているはずなのである。病的な状態が生みだす妄想さえも、ユングは決して否定的なものとはとらなかった。あらゆる人間のファンタジーは、心の奥から生まれてくる想像力が形作ったものなのである。その背景には、揺れ動く人間の創造性があって、現実化されるのを待っているというのが、彼の考えである。――本書より

目次

  • ●二つの夢
  • ●フロイトとの出会い
  • ●根源としての「母」
  •  フロイトとの訣別
  • ●危機の時代
  • ●内向と外向
  •  人間のタイプ
  • ●無意識と元型
  • ●ユングと現代
  •  「子ども」の活性化

製品情報

製品名 ユングの心理学
著者名 著:秋山 さと子
発売日 1982年12月17日
価格 定価:792円(本体720円)
ISBN 978-4-06-145677-8
通巻番号 677
判型 新書
ページ数 214ページ
シリーズ 講談社現代新書

おすすめの本

書店在庫を見る