酵素 科学と工学

コウソカガクトコウガク
酵素 科学と工学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

工業的応用を目標として酵素の基礎科学から工学を解説。豊富な図版・スキームなどによりコンパクトにまとめた大学・高専の応用化学、生物工学系学生向け決定版テキスト。

目次

  • 1 序論
  •   1.はじめに
  •   2.シクロデキストリンの工業的生産
  • 2 酵素の構造
  •   1.タンパク質の構造
  •   2.酵素の活性中心
  •   3.酵素の立体構造
  • 3 酵素の触媒機構
  •   1.遷移状態理論と触媒
  •   2.酵素触媒の原理
  •   3.遷移状態の安定化に寄与する機構
  •   4.酵素-基質の結合エネルギーの利用とkcat Kmに関する考察
  •   5.同位体効果
  •   6.コファクターが関与しない酵素の触媒機構の例
  • 4 コファクターと作用機構
  •   1.補酵素
  •   2.補欠分子族型の補酵素と作用機構
  •   3.基質型の補酵素と作用機構
  •   4.補酵素依存酵素の構造と機能の解析例
  •   5.金属イオン
  •   6.金属酵素の触媒機構の例
  • 5 酵素の特性
  •   1.酵素の安定性
  •   2.酵素の特異性
  •   3.酵素活性の調節
  • 6 酵素の反応速度論
  •   1.反応速度論とは
  •   2.酵素濃度と基質濃度
  •   3.Michaelis-Mentenの式
  •   4.酵素反応の時間経過
  •   5.VmaxとKmの測定方法
  •   6.基質による阻害と活性化
  •   7.2基質の酵素反応
  •   8.酵素反応の阻害例
  •   9.阻害反応の解析
  •   10.反応温度
  •   11.反応pH
  •   12.その他の因子および酵素活性の表現方法
  • 7 酵素の精製と分析
  •   1.酵素の抽出
  •   2.酵素の精製
  •   3.酵素の物理化学的分析
  • 8 酵素による物質生産
  •   1.機能性甘味料の生産
  •   2.酵素法によるアミノ酸生産
  •   3.化学製品の製造
  •   4.医薬品の製造
  • 9 酵素と医療
  •   1.生体防御と解毒酵素
  •   2.分子病(先天性酵素欠陥)
  •   3.酵素免疫測定法
  •   4.臨床と酵素
  •   5.酵素と医薬
  •   6.酵素阻害剤
  • 10 酵素と環境
  •   1.難分解性物質の分解
  •   2.環境浄化
  • 11

製品情報

製品名 酵素 科学と工学
著者名 著:掘越 弘毅 著:虎谷 哲夫 著:北爪 智哉 著:青野 力三
発売日 1992年04月13日
価格 定価 : 本体3,790円(税別)
ISBN 978-4-06-139750-7
判型 A5
ページ数 252ページ
シリーズ 生物工学系テキストシリーズ

書店在庫を見る