太閤秀吉(五)

講談社文庫
タイコウヒデヨシ5
著:舟橋 聖一 装丁:亀倉 雄策 装画:御正 伸
  • 電子あり
太閤秀吉(五)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豊臣秀吉は、夭折した嫡子・鶴松にかわって、甥の秀次を後継者にし、関白職と聚楽第を譲る。ところが秀次は、「殺生関白」の風聞を立てた上に、謀反の意ありと秀吉に進言される。秀吉は、やむなく秀次を処刑。秀次の妻妾30人も、刑場の露と消える。4か月後、大明国征服のため、まず朝鮮出陣の大号令が下る。文禄の出兵である。<全8巻>

製品情報

製品名 太閤秀吉(五)
著者名 著:舟橋 聖一 装丁:亀倉 雄策 装画:御正 伸
発売日 1979年07月24日
価格 定価:462円(本体420円)
ISBN 978-4-06-131565-5
判型 A6
ページ数 402ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る