ノモンハン 責任なき戦い

講談社現代新書
ノモンハンセキニンナキタタカイ
  • 電子あり
ノモンハン 責任なき戦い
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

真珠湾攻撃、太平洋戦争開戦の2年前の1939年、満州国とソビエト連邦の国境地帯で発生した「ノモンハン事件」。
見渡す限りの草原地帯で、関東軍とソビエト軍が大規模な軍事衝突に発展、双方あわせて4万5000人以上の犠牲を出した。
関東軍を率いたのは、弱冠37歳の青年参謀・辻政信と、その上司・服部卓四郎。
大本営や昭和天皇が無謀な挑発を厳しく戒めるのをよそに、「寄らば斬る」と大見得を切った辻によって、日本軍は想定外の「戦争」へと突入していった――。
事件から80年、いまも装甲車や塹壕が放置され、人骨が散在するノモンハンの現場を徹底調査、さらにアメリカに残る旧軍人らのインタビューテープを発掘して、事件の深層を立体的に浮かび上がらせた同名番組を書籍化。

目次

  • 第一章 関東軍vs.スターリン
  • 泣く子も黙る/関東軍「鉄」の名を持つ男/目算違い/スターリンとゲンデン
  • 第二章 参謀・辻政信
  • 絶対悪か天才参謀か/「寄らば斬るぞ」の威厳/全面衝突へのカウントダウン/即席師団と旧式銃/越境爆撃/大権干犯/「俯仰天地に愧(は)じず」
  • 第三章 悲劇の戦場
  • 名将・ジューコフ登場/不気味な静けさ/黒い水/夜襲突撃/物量が違いすぎる/なぜ引き返せなかったのか/招集された未訓練兵/情報戦/全滅か、撤退か
  • 第四章 責任なき戦い
  • 二つに一つ/惨憺たる、膨大な山のような死体/陸軍の粛清人事/悲劇の銃声/「自決勧告」/捕虜となった者たちの戦後
  • 第五章 失敗の本質
  • 失敗の序曲/「極秘」の調査報告書/参謀・瀬島龍三の証言/陸軍内にあった「派閥」/”餓島”ガタルカナル
  • 第六章 遺された者たち
  • 「実にすまんことをした」/井置大佐からの手紙/「戦死」でなく、ただ「死んだ」/辻政信とその家族の戦後/語り継ぎ、問いつづける
  • あとがき いま戦争を語るということ

製品情報

製品名 ノモンハン 責任なき戦い
著者名 著:田中 雄一
発売日 2019年08月21日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-516857-8
通巻番号 2538
判型 新書
ページ数 248ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:田中 雄一(タナカ ユウイチ)

1979年生まれ、大阪府出身。2005年、ディレクターとしてNHK入局。釧路放送局、報道局社会番組部、国際番組部、大型企画開発センターを経て、2018年から大阪放送局報道部所属。NHKスペシャル「北方領土 解決の道はあるのか」、ウクライナ紛争をテーマにした「そしてテレビは”戦争”を煽った」など、ロシア関連の番組を多数制作。
2017年よりNHKスペシャル「731部隊の真実」「樺太地上戦」など戦争関連の番組にも携わる。とくに731部隊の取材ではロシアに残されたハバロフスク裁判の音声記録を独自に発掘、入手した。

関連シリーズ

オンライン書店で見る