蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)

講談社文庫
ホウライバシウケイクズリュウカクザンウキヨツヅリ2
蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

学問一筋の兵学者九頭竜覚山は、深川一の人気芸者だったよねと所帯を持ち、花街門前仲町の用心棒となり、頼りにされている。事件があると、北町奉行所の定町廻り柴田喜平次にも協力もする。賽銭泥棒を疑われた清貧の浪人父子は、長屋で切腹して武士の気概をみせた。祝言を前にして、大店両替屋達磨屋の娘がなにを思ったか、蓬莱橋から身を投げた。悲劇の裏にはうごめく悪がいる! 剣難、女難、深川人情シリーズ、第二弾!

©Kazumi Arasaki

製品情報

製品名 蓬莱橋雨景 九頭竜覚山 浮世綴(二)
著者名 著:荒崎 一海
発売日 2018年08月10日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-512561-8
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:荒崎 一海(アラサキ カズミ)

1950年沖縄県生まれ。出版社勤務を経て、2005年に時代小説作家としてデビュー。著者に「闇を斬る」「宗元寺隼人密命帖」シリーズなど。たしかな考証に裏打ちされたこまやかな江戸の描写に定評がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス