一色町雪花 九頭竜覚山 浮世綴(五)

講談社文庫
イッシキチョウセッカクズリュウカクザンウキヨツヅリ5
  • 電子あり
一色町雪花 九頭竜覚山 浮世綴(五)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

師走の朝、一面の雪。深川一色町の河岸で娘が冷たくなっていた。一色小町と評判の娘みつ。それを皮切りに、門前仲町の近隣でいくつかの殺しが続いた。料理茶屋千鳥の女中頭が井戸端で首を絞められ、みつめあてに出茶屋に通っていた表店の若旦那二人が溺死体で見つかる。門前仲町の用心棒九頭竜覚山は、南北奉行所の定町廻り柴田喜平次、浅井駿介にも頼りにされている。船頭の松吉や知り合いの芸妓たちから聞き込み、男女の愛憎が複雑にからみあう事件を追うのだがーー。女房のよねに首ったけの覚山に、男女の機微はわかるのか? 江戸情緒事件簿、第五弾!

©Kazumi Arasaki

製品情報

製品名 一色町雪花 九頭竜覚山 浮世綴(五)
著者名 著:荒崎 一海
発売日 2020年12月15日
価格 定価 : 本体770円(税別)
ISBN 978-4-06-521765-8
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:荒崎 一海(アラサキ カズミ)

1950年沖縄県生まれ。出版社勤務を経て、2005年に時代小説作家としてデビュー。著者に「闇を斬る」「宗元寺隼人密命帖」シリーズなど。たしかな考証に裏打ちされたこまやかな江戸の描写に定評がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る