小名木川 九頭竜覚山 浮世綴(四)

講談社文庫
オナキガワクズリュウカクザンウキヨツヅリ4
  • 電子あり
小名木川 九頭竜覚山 浮世綴(四)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

晩秋九月。学者にして門前仲町の用心棒九頭竜覚山と深川一の名妓であったおよねの夫婦とも親しい、売れっ子芸者の友助の落籍話がまとまった。相手は塩問屋の主という。友助に憧れていた船頭松吉は悲嘆に暮れる。花街で頼りにされる覚山は、酔いつぶれた侍や匕首をしのばせた破落戸どもを撃退し、鳶と川並のいざこざの仲裁にも入り、忙しい。一方、北町奉行所の同心柴田喜平次は、地所持ちで四人の柳橋芸者を住まわせていた大店の主、信兵衛が女と死んでいた一件に手こずっていた。財産狙いの殺しか相対死にか。そして料理茶屋の後架では、花街の案内人が五寸釘で心の臓を突かれ、息絶えていた。そして友助の落籍話もあやしい雲行きに!? 覚山に休む間なし。江戸情緒あふれる深川人情シリーズ、第四弾!

©Kazumi Arasaki

製品情報

製品名 小名木川 九頭竜覚山 浮世綴(四)
著者名 著:荒崎 一海
発売日 2019年09月13日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-517083-0
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:荒崎 一海(アラサキ カズミ)

1950年沖縄県生まれ。出版社勤務を経て、2005年に時代小説作家としてデビュー。著者に「闇を斬る」「宗元寺隼人密命帖」シリーズなど。たしかな考証に裏打ちされたこまやかな江戸の描写に定評がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る