門前仲町 九頭竜覚山 浮世綴(一)

講談社文庫
モンゼンナカチョウクズリュウカクザンウキヨツヅリ1
  • 電子あり
門前仲町 九頭竜覚山 浮世綴(一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

雲州松江の粋人大名松平治郷の気まぐれで、学問一辺倒だった九頭竜覚山は、花街門前仲町に仮寓することになった。この堅物兵学者に、深川一の売れっ子芸者米吉が惚れたのだから、わからない。料理茶屋万松亭の主長兵衛に、覚山は通りの用心棒をたのまれる。ある夜、料理茶屋青柳でひとりの深川芸者が殺された。定町廻りの喜平次と謎を追うことになった覚山だが!? 剣難、女難、深川人情新シリーズ、開幕!

製品情報

製品名 門前仲町 九頭竜覚山 浮世綴(一)
著者名 著:荒崎 一海
発売日 2018年04月13日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-293911-9
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:荒崎 一海(アラサキ カズミ)

1950年沖縄県生まれ。出版社勤務を経て、2005年に時代小説作家としてデビュー。著者に「闇を斬る」「宗元寺隼人密命帖」シリーズなど。たしかな考証に裏打ちされたこまやかな江戸の描写に定評がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る