庄野潤三ノート

講談社文芸文庫
ショウノジュンゾウノート
  • 電子あり
庄野潤三ノート
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小学校、旧制中学、就職先の放送局で庄野潤三の後輩として過ごした阪田寛夫は、いつしか庄野文学最大の理解者となった。習作から刊行当時の最新長篇、そして随筆集までも順に丁寧に読み解くことによってのみ、鮮やかに見えるその豊穣な世界――正確かつ簡潔でありながら深い愛情に溢れる筆致が、読む者を思わず感動へと誘う。類まれな作家論の達成。

製品情報

製品名 庄野潤三ノート
著者名 著:阪田 寛夫
発売日 2018年05月12日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-290378-3
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『庄野潤三ノート』(1975年5月、冬樹社刊)を底本としました。

著者紹介

著:阪田 寛夫(サカタ ヒロオ)

阪田寛夫(1925.10.18~2005.3.22)詩人。小説家。大阪市生まれ。両親は熱心なクリスチャンでかつ音楽好き。大中寅二(叔父)、大中恩(従兄弟)等、音楽を身近に育つ。50年、友人の三浦朱門等と同人誌「新思潮」を立ち上げ習作を始める。東京大学国史科卒業。朝日放送に入社、上司の庄野潤三に影響を受ける。63年退社後は童謡の作詞、放送台本、ミュージカル制作で数々の賞を受賞。小説では74年、「土の器」で芥川賞、87年、「海道東征」で川端康成文学賞を受賞。89年、日本芸術院恩賜賞を受ける。評伝文学、児童文学にも大きな業績を残した。

オンライン書店で見る