新しい左翼入門―相克の運動史は超えられるか

講談社現代新書
アタラシイサヨクニュウモンソウコクノウンドウシハコエラレルカ
  • 電子あり
新しい左翼入門―相克の運動史は超えられるか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本の近代から現在までの左翼活動の流れは、理論派と行動派の「二つの道」の相克にあった。個人が公共的で自立した社会を築くには―

【本書の内容】
「第1部 「二つの道」の相克史 戦前編
第一章 キリスト教社会主義対アナルコ・サンジカリズム――明治期
第二章 アナ・ボル抗争――大正期
第三章 日本共産党結成と福本・山川論争――大正から昭和へ
第四章 日本資本主義論争――昭和軍国主義時代

第2部 「二つの道」の相克史 戦後編
第五章 共産党対社会党左派・総評
第六章 ソ連・北朝鮮体制評価の行き違い軌跡
第七章 戦後近代主義対文化相対主義――丸山眞男と竹内好

第3部 「二つの道」の相克を乗り越える
第八章 市民の自主的事業の拡大という社会変革路線
第九章 「個人」はどのように作られ、世の中を変えるのか

目次

  • 第一部 「二つの道」の相克史 戦前編
  •  第一章 キリスト教社会主義対アナルコ・サンジカリズム――明治期
  •  第二章 アナ・ボル抗争――大正期
  •  第三章 日本共産党結成と福本・山川論争――大正から昭和へ
  •  第四章 日本資本主義論争――昭和軍国主義時代
  •  第五章 戦前における「下から」の事業的変革路線
  • 第二部 「二つの道」の相克史 戦後編
  •  第六章 共産党対社会党左派・総評
  •  第七章 ソ連・北朝鮮体制評価の行き違い軌跡
  •  第八章 戦後近代主義対文化相対主義――丸山眞男と竹内好
  • 第三部 「二つの道」の相克を乗り越える
  •  第九章 市民の自主的事業の拡大という社会変革路線
  •  第十章 「個人」はどのように作られ、世の中を変えるのか

製品情報

製品名 新しい左翼入門―相克の運動史は超えられるか
著者名 著:松尾 匡
発売日 2012年07月18日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288167-8
通巻番号 2167
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:松尾 匡(マツオ タダス)

一九六四年石川県に生まれる。一九八七年金沢大学経済学部卒業。一九九二年、神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程修了。経済学博士。
久留米大学経済学部教授を経て、二〇〇八年立命館大学経済学部教授。
現代社会が抱える現実的な問題に強くコミットしつつ、高度な理論性を備えた実力は学界のみならず、近年メディアでも注目されている。
著書に『近代の復権』(晃洋書房)、『「はだかの王様」の経済学』(東洋経済新報社)、『対話でわかる痛快明解経済学史』(日経BP社)、『商人道のススメ』(藤原書店)、『不況は人災です! みんなで元気になる経済学・入門』(筑摩書房)などがある。

オンライン書店で見る