はやぶさ新八御用旅(五) 諏訪の妖狐

講談社文庫
ハヤブサシンパチゴヨウタビスワノヨウコ
  • 電子あり
はやぶさ新八御用旅(五) 諏訪の妖狐
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

築地本願寺脇の水路に紫水晶の観音像を抱いた女の死体があがった。不審な水音をきいたという裕福な商人もその後、同じ場所で死んでいた。そして内藤新宿でも甲府勤番の斬殺死体が見つかる。背筋をこおらせるような不可解な事件は、新八郎を甲州路へと駆りたてた。シリーズ屈指の謎があきらかにされる待望作!

目次

  • 発 端
  • 展 開
  • 終 幕

製品情報

製品名 はやぶさ新八御用旅(五) 諏訪の妖狐
著者名 著:平岩 弓枝
発売日 2014年05月15日
価格 定価 : 本体460円(税別)
ISBN 978-4-06-277837-4
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2011年5月、小社より単行本として刊行。『小説現代』2010年5月号~8月号、10月号~2011年1月号

オンライン書店で見る