孤独って素敵なこと

コドクッテステキナコト
  • 電子あり
孤独って素敵なこと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 スポットライトの下の自分よりも、箱根の古民家で一人で過ごす時間が好き――女優生活50年で悟った、本当の幸せをつかむ方法! 日本人初の「ボンドガール」から50年、幾多の映画に出演し、テレビやラジオの司会を努めてきた著者……しかし自分と向き合う時こそが、いちばん満ち足りた、充実した時間だった。 本当に豊かな人生とは何か? 幸せは、名声でもおカネでも買えない。


 スポットライトの下の自分よりも、箱根の古民家で一人で過ごす時間が好き――女優生活50年で悟った、本当の幸せをつかむ方法!
 日本人初の「ボンドガール」から50年、幾多の映画に出演し、テレビやラジオの司会を努めてきた著者……しかし自分と向き合う時こそが、いちばん満ち足りた、充実した時間だった。
 本当に豊かな人生とは何か? 幸せは、名声でもおカネでも買えない。

目次

  • 第1章 箱根の古民家でひとり
  • 第2章 旅の空に映るもうひとりの自分
  • 第3章 ひとりが嬉しくなる道具
  • 第4章 自然のなかで見えてきた家族の実像
  • 第5章 孤独だからこそ出会えた人々

製品情報

製品名 孤独って素敵なこと
著者名 著:浜 美枝
発売日 2016年06月28日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-220135-3
判型 四六
ページ数 210ページ

著者紹介

著:浜 美枝(ハマ ミエ)

浜 美枝(はま・みえ)

 1943年、東京都に生まれる。1960年、バスの車掌をしていたときに受けた東宝のオーディションを経て女優デビュー。1967年、映画「007は2度死ぬ」に、日本人として初めてボンドガール役として出演。その後、テレビの「小川宏ショー」「いい朝8時」「日曜美術館」などの司会としても活躍。女優業のかたわら、40代から箱根に古民家移築し、4人の子どもを育てる。現在、文化放送ラジオ「浜美枝のいつかあなたと」のパーソナリティを務める。また、国土庁・農林水産省「食アメニティを考える会」会長をはじめ、農政ジャーナリストとして各種委員会のメンバーも務める。近畿大学総合社会学部の客員教授を兼務。

オンライン書店で見る