「活米」という流儀 外交・安全保障のリアリズム

カツベイトイウリュウギガイコウアンゼンホショウノリアリズム
  • 電子あり
「活米」という流儀 外交・安全保障のリアリズム
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

米国覇権体制の揺らぎ。中国の台頭。米中の狭間で立ちすくむ日本。野田佳彦内閣で外交および安全保障担当の首相補佐官、防衛副大臣を務めた長島昭久が、徹底したリアリズムの立場から、日本が目指すべき外交安全保障戦略を語り尽くす。日本を背負って立つ次世代リーダーの覚悟。


米国覇権体制の揺らぎ。中国の台頭。

米中の狭間で立ちすくむ日本。

野田佳彦内閣で外交および安全保障担当の首相補佐官、防衛副大臣を務めた長島昭久が、徹底したリアリズムの立場から、日本が目指すべき外交安全保障戦略を語り尽くす。

日本を背負って立つ次世代リーダーの覚悟。

目次

  • プロローグ 迫りくる嵐の予感 尖閣「国有化」の顛末
  • 第一章 外交安全保障のリアリズム 
  • 第二章 中国の台頭とその戦略
  • 第三章 米中は衝突するか
  • 第四章 対中戦略の土台をつくれ! 海洋国家日本の外交・安全保障戦略
  • エピローグ 「活米」という流儀 親米・反米・反親米を超えて

製品情報

製品名 「活米」という流儀 外交・安全保障のリアリズム
著者名 著:長島 昭久
発売日 2013年10月23日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218567-7
判型 四六
ページ数 250ページ

著者紹介

著:長島 昭久(ナガシマ アキヒサ)

長島昭久(ながしま・あきひさ)
1962年、神奈川県に生まれる。慶應義塾幼稚舎から23年間、一貫して慶應義塾に学ぶ。慶應義塾大学法学部卒。同大学大学院法学研究科修士課程修了。大学院博士課程在学中、自由民主党の石原伸晃衆議院議員公設第一秘書を務める。1993年単身渡米し、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)にて修士号(国際関係論)を取得。その後、米国随一の権威あるシンクタンク、外交問題評議会(CFR)で日本人初の研究員となる。2003年、第43回衆議院議員総選挙に東京21区から民主党公認で立候補し、当選。民主党政権下の鳩山由紀夫、菅直人内閣では防衛大臣政務官に。その後、民主党の外交・安全保障調査会事務局長に就任。野田佳彦内閣発足に伴い内閣総理大臣補佐官(外交および安全保障担当)に、2012年の野田第3次改造内閣では防衛副大臣に任命された。民主党に逆風の吹き荒れた第46回衆議院選挙でも4選。東京都の小選挙区で民主党が議席を獲得したのは、長妻昭と長島昭久の2人だけだった。著書に、『日米同盟の新しい設計図』、『国防の論点』(森本敏・石破茂との共著)などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る