歩みだそう。 ウギャルと魚と三陸漁師の泣き笑い

アユミダソウ
著:Lie
歩みだそう。 ウギャルと魚と三陸漁師の泣き笑い
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小森純、共感!
「3.11に、活動を中心としていた漁港が被害に合い
大切な仲間を失くし、大切に養殖してきた牡蠣も全部流され
途方にくれる中、諦めることなく、仲間のためにも
1からまた活動を始めて頑張っている姿は
私にとっても、ギャルママ代表としても輝いてみえます!
人は諦めたら終わる。
諦めずに頑張ること、改めてそんなこと教わりました!」

上田勝彦・水産庁研究指導課情報技術企画官、感動!
「ウギャルが?魚にホレ込んだ!? 読めば分かるぜ、そのカッコ良さ」

野田武則・釜石市長、御礼!
「被災地に対するライさんの心温まる支援に対し、感謝を表します」

……いつもは東京から電車と車を乗り継いで、釜石までは6時間ほど。岩手に入ると、山道を上って下って川を渡って、見渡す限りの大自然。山・川・海をつたう空気がおいしく、心地よく感じる。
自然がキラキラ。ウギャルの故郷、釜石・根浜海岸に着くと、眼前に広がる海、背後の山、そして漁師の健ちゃんや健ちゃんママたちが、笑顔で迎えてくれる。降り注ぐ太陽光は、そんな私たちの再会を喜んでいるかのように、いつでも浜辺のすべてをキツ~く照らし続ける……。

しかし、この時、釜石へ入って現実に引き戻された私の前に広がった光景は、本当に無残でした。すべてがめちゃくちゃ。

「夢なら覚めて」

いつもとまったく違う根浜海岸に着いた時は、涙があふれてしばらく止まりませんでした。ただ呆然と、目の前の変わり果てた惨状を少しずつ受け入れるように、がれきの合間を歩き、ただ、眺めていました。

いつもと違う海岸には、疲れきった顔で、しかし、いつもの照れ笑いを浮かべた健ちゃんがいました。
私は、ゆっくりと近付いて「生きてて良かった」とポツリ。
そんな私に健ちゃんは、「ウギャルのカキ、守れなかった。ごめんね」と声を掛けてくれたんです。
驚いた私は、「なに言ってるの? 生きていてくれているだけで十分なのに……」。
「ウギャルのカキなんて今はどうでもいい。みんなが無事だったら、それで十分」と、泣き声交じりで返しました。
(本文より)

目次

  • 第一章 流されたウギャルの故郷
  • ・茫然自失のあの日
  • ・二週間後の釜石、言葉出ずただ涙
  • ・健ちゃんと健ちゃんママは?
  • ・絶対、またここでカキ育てようね。
  • 第二章 脳裏をよぎる「釜石・ウギャルプロジェクト」
  • ・月イチのカキ養殖体験
  • ・2011年秋、2万個を出荷予定だった……
  • ・釜石の人も自然もみな、大好き
  • ・定置網、地引き網、真夏のバーベキュー
  • 第三章 水産復興「応援します!」
  • ・漁船プレゼント、カッパプロデュース、築地で復興イベント
  • ・かつての被災地、兵庫県淡路島へ
  • ・明石ダコ加工品開発で三陸応援
  • ・広島でもカキ加工品開発で三陸支援
  • ・長崎では西海市大浦湾で養殖カキ応援、カキ鍋大会
  • ・震災から一年~釜石で「キャンドルナイト」
  • 第四章 「魚好き」ライのつぶやき
  • ・築地資格「おさかなマイスター」取得
  • ・西海市西彼農業高校の講師に
  • ・3年目の「ウギャル」の誓い

製品情報

製品名 歩みだそう。 ウギャルと魚と三陸漁師の泣き笑い
著者名 著:Lie
発売日 2012年10月11日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-217740-5
判型 四六
ページ数 160ページ

著者紹介

著:Lie(ライ)

Lie(ライ)
1985年生まれ。千葉県松戸市出身。
高校を卒業後、アパレルブランドのショップで働きはじめる。
ファッション誌「Happie nuts」のショップ店員企画でモデルデビューし、強めのファッションやメイクで人気を集める。
2010年からファッション誌「EDGESTYLE」の看板モデルとして活躍。
魚食を若者へ伝えていこうと、ウギャルプロジェクトを立ち上げ話題を呼び、TV、新聞など多くのメディアに取上げられる。
2012年8月に妊娠結婚を発表。
今後はママモデルとして活動、新メンバーも参加し、ウギャルプロジェクトの活動を拡大していく。
著書『ウギャルになった、わたし。』(時事通信社)
ウギャル オフィシャルサイト http://www.ugal.jp/

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス