新編 石川啄木

講談社文芸文庫
シンペンイシカワタクボク
  • 電子あり
新編 石川啄木
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

10代で夭逝した天才歌人・石川啄木と、同郷の先輩で親友、言語学者として大成した著者は、啄木の才能を惜しんで、時に生活を共にし、陰に陽に物心両面で彼を支えた。後年、折にふれて綴った啄木追慕の文章は、人間啄木の素顔を活写し、『定本 石川啄木』として本に纏まった。本書は、『定本 石川啄木』に「啄木の追慕」「啄木の終焉」など5編を増補し、新たに編集したものである。

製品情報

製品名 新編 石川啄木
著者名 著:金田一 京助 解説:齋藤 愼爾
発売日 2003年03月10日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-198327-4
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『定本石川啄木』(1946年5月 角川書店)に「啄木の追憶」「自己革命の生涯」「啄木の終焉」「啄木の到達した心境」「石川啄木略伝」をを増補・新編集した。定本には『金田一京助全集』第13巻(1993年7月 三省堂)を使用し多少ふりがなを加えた。

オンライン書店で見る