三国志(二)

サンゴクシ2
  • 電子あり
三国志(二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

黄巾賊の乱は程なく鎮圧されたが、腐敗の土壌にはあだ花しか咲かない。霊帝の没後、十常侍に代って、董卓(とうたく)が権力の中枢に就いた。しかし、群雄こぞっての猛反撃に、天下は騒然。曹操が起ち袁紹が起つ。董卓の身辺には、古今無双の豪傑呂布(りょふ)が常に在り、刺客さえ容易に近づけない。その呂布が恋したのが、董卓の寵姫貂蝉(ちょうせん)。傾国という言葉は「三国志」にこそふさわしい。

製品情報

製品名 三国志(二)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1989年03月24日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-196534-8
判型 A6
ページ数 502ページ

オンライン書店で見る