江戸三国志(二)

エドサンゴクシ
  • 電子あり
江戸三国志(二)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

舞台は主として武州、甲州、相州の3国にまたがって展開する。わけても武蔵野の北限、人外境の高麗(こま)村がこのロマンの発祥地。いま鬼女面が渡っている狛(こま)家には、かつてピオが逗留したことがあり、夜光珠の短剣の由縁(ゆかり)の地でもある。魑魅魍魎(ちみもうりょう)のとぐろを巻く甲府城下。少年次郎の冒険心をそそる薮や沼の女影(おなかげ)の迷路。それらは”です”調の文章で詩情豊かに描かれ、読者を無限の空想に浸らせる。

製品情報

製品名 江戸三国志(二)
著者名 著:吉川 英治
発売日 1990年03月05日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-196506-5
判型 A6
ページ数 460ページ

オンライン書店で見る