技術大国幻想の終わり これが日本の生きる道

講談社現代新書
ギジュツタイコクゲンソウノオワリコレガニッポンノイキルミチ
  • 電子あり
技術大国幻想の終わり これが日本の生きる道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

アベノミクス、円安などで一息ついたように見える日本経済。しかし実際はどうだろうか? 
食料・エネルギーなど、海外に頼らなくてはいけない日本。そのためには外貨を稼ぐ産業の強さは日本の生命線であることは日本の変わらぬ条件。
しかしグローバル競争が激化したここ20年、日本が競争でなかなか勝てないのはなぜなのか?

日本を代表する工学者で失敗学・創造学の権威として知られる著者は、長年日本の産業の現場を見続け、さらに10年は海外の現場にも足を運び、産業の激変を見てきた。

その著者が感じた日本の行き詰まりの原因、
それは「技術では世界でいちばんになった」という思い込みだった。

そもそも日本は自分たちが思っているほど、技術が優れているのか?
傲慢の裏に隠れていた日本の弱点とは?

日本のいままで得意だと思ってきた品質・機能がもはや競争力にならなくなった時代、
いま求められるのは、消費者の価値観を深く追求すること。
そのために必要な技術とはなにか?
日本にあって他国にはない良さとはなにか?

これからの日本の産業の方向性を考える渾身の論考!

製品情報

製品名 技術大国幻想の終わり これが日本の生きる道
著者名 著:畑村 洋太郎
発売日 2015年06月18日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288322-1
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 技術大国幻想の終わり これが日本の生きる道
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:畑村 洋太郎(ハタムラ ヨウタロウ)

畑村洋太郎(はたむら ようたろう)
1941年生まれ。東京大学工学部機械工学科修士課程修了。東京大学大学院工学系研究科教授、工学院大学グローバルエンジニアリング学部特別専任教授を歴任。東京大学名誉教授。工学博士。専門は失敗学、創造的設計論、知能化加工学、ナノ・マイクロ加工学。2001年より畑村創造工学研究所を主宰。02年にNPO法人「失敗学会」、07年に「危険学プロジェクト」を立ち上げ。日本航空安全アドバイザリーグループ委員、JR西日本安全有識者会議委員、リコールの原因調査・分析検討委員会委員長などを務め、2011年6月より東京電力福島第一原発事故・事故調査・検証委員会委員長。
著者に『失敗学のすすめ』『創造学のすすめ』『みる わかる 伝える』『危険不可視社会』(以上講談社)、『直観でわかる数学』『技術の創造と設計』(以上岩波書店)、『数に強くなる』(岩波新書)、『畑村式「わかる」技術』『回復力』『未曾有と想定外』(以上講談社現代新書)など多数。

オンライン書店で見る