ドキュメント パナソニック人事抗争史

講談社+α文庫
ドキュメントパナソニックジンジコウソウシ
  • 電子あり
ドキュメント パナソニック人事抗争史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜあいつが役員に?
なぜあの男が社長なんだ?

人事がおかしくなるとき、会社もおかしくなる。
巨艦パナソニックの凋落の原因も、実は人事抗争にあった。
会社の命運を握るトップ人事は、なぜねじ曲げられたのか。
誰がどう間違えたのか。
元役員たちの実名証言によって、名門・松下電器の裏面史がいま明らかになる!

上司の出世争いに辟易するサラリーマンの共感を得たベストセラーが、早くも文庫化!

目次

  • 第一章 カリスマ経営者の遺言
  • 第二章 会長と社長の対立
  • 第三章 かくて人事はねじ曲げられた
  • 第四章 潰されたビジネスプラン
  • 第五章 そして忠臣はいなくなった
  • 第六章 人事はこんなに難しい

製品情報

製品名 ドキュメント パナソニック人事抗争史
著者名 著:岩瀬 達哉
発売日 2016年04月21日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-281669-4
判型 A6
ページ数 272ページ
電子版製品名 ドキュメント パナソニック人事抗争史
シリーズ 講談社+α文庫
初出 本書は、2015年4月に小社より刊行された『ドキュメント パナソニック人事抗争史』を文庫化にあたり、加筆・修正したものです。

著者紹介

著:岩瀬 達哉(イワセ タツヤ)

1955年、和歌山県生まれ。ジャーナリスト。
2004年、『年金大崩壊』『年金の悲劇』(ともに講談社)により講談社ノンフィクション賞を受賞。
また、同年「文藝春秋」に掲載した「伏魔殿社会保険庁を解体せよ」によって文藝春秋読者賞を受賞した。
他の著書に、『われ万死に値す ドキュメント竹下登』(新潮文庫)、『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』(新潮社)、『新聞が面白くない理由』(講談社文庫)などがある。

オンライン書店で見る