チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘

ブルーバックス
チーズノカガクミルクノチカラハッコウジュクセイノシンピ
  • 電子あり
チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ネズミが顔を出しそうな穴あきチーズ、学校給食が懐かしい三角形のチーズ、あなたは「チーズ」と聞いて何を思い出す?
じつは人それぞれにイメージが違う変幻自在さこそが、地球上の食べものにほかにない、チーズならではの特徴なのです!
その秘密は、母から子へ与えるためにつくられた「ミルク」の力にあります。思わず唸る凄い力が、ミルクには満載されているのです。
そして人間は、そのミルクを菌やカビという小さな生きものたちの力を借りて「発酵」「熟成」させるという大発明をなしとげます。
ただでさえ凄いミルクが、息をのむほど神秘的なこれらの現象によって大変身をとげたチーズの絶妙さが、いま科学によって次々と解明されつつあります。
おいしい理由、身体にいい理由から世界のさまざまなチーズの薀蓄まで、この奥深い食べものの深淵に迫ります。

製品情報

製品名 チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘
著者名 著:齋藤忠夫
発売日 2016年11月16日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-257993-3
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:齋藤忠夫(サイトウタダオ)

東北大学大学院農学研究科教授。農学博士。
専門はミルク科学、畜産食品科学、応用微生物学。

1952年東京生まれ。
東北大学農学部卒業、同大学院農学研究科修了。
東北福祉大学講師、東北大学農学部助教授を経て現職。
共著書に『新説 チーズ科学』(食品資材研究会)など。

おすすめの本

オンライン書店で見る