SNS天皇論 ポップカルチャー=スピリチュアリティと現代日本

講談社選書メチエ
エスエヌエステンノウロンポップカルチャースピリチュアリティトゲンダイニホン
  • 電子あり
SNS天皇論 ポップカルチャー=スピリチュアリティと現代日本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生前退位から令和改元フィーバーの陰で、この国では何が起こったのか?
スマホの中の象徴天皇制を問い、「生前退位」から令和改元の言説空間を鋭く分析する、日本でもっともビビッドな表象文化論!

SNSでは皇太子とのツーショット写真が投稿され、天皇は時に「かわいい」キャラクターとして愛でられる一方、スピリチュアリティへの欲望をかき立てている。
そうした時代に明仁天皇は、「おことば」の発信によって「弱者政治【マイノリティ・ポリティクス】」という言説戦略をとった。
誰もが表象の消費者であり、同時に表象の生成者ともなり得る「ポスト・グーテンベルク」時代に、わたしたちは天皇(制)とその表象をいかにして問うことが可能なのか。本書はその試みである。

[本書の内容]
序章 表象の集積体としての天皇(制)研究―その可能性と限界
第一章 「おことば」の政治学
 1映像表現としての「おことば」 
 2語りの戦略性―「弱者」としての自己表象と「寄り添い」のディスクール 
 3語り手の欲望―アリバイとしての宗教的超越性の語りと永続性への欲求 
第二章 狂乱と共犯―令和改元におけるメディア表象をめぐって
 1政府による「政治的利用」の成功
 2皇室による異議申し立てとその欲望、実質的共犯 
 3政府と皇室の共犯関係
 4マスメディアの狂乱と不安、SNSの充満とノイズ 
第三章 ポップカルチャー天皇(制)論序説
 1皇室によるポップカルチャー消費―ゆるキャラ・初音ミク・アイドル 
 2ポップカルチャーによる皇室消費―現代天皇小説・天皇マンガ考 
 3 monstrum としての『シン・ゴジラ』 
第四章 「スピリチュアリティ」とオカルト―瑞祥・古史古伝・天皇怪談
 1令和「瑞祥」と規範逸脱の可能性
 2雑誌『ムー』における「オカルト天皇」言説 
 3現代天皇怪談、その異端性と批評性 
第五章 「慰霊」する「弱い」天皇―一九九四年小笠原諸島行幸啓の検討から
 1慰霊の宛て先 
 2訪問意図の読み替え 
 3「弱い天皇」の誕生 
終章 SNS時代の天皇(制)を問うこと
※第四章の一部は、青弓社刊『〈怪異〉とナショナリズム』(怪異怪談研究会監修、茂木謙之介ほか編著、2021年)を基とする。

製品情報

製品名 SNS天皇論 ポップカルチャー=スピリチュアリティと現代日本
著者名 著:茂木 謙之介
発売日 2022年04月14日
価格 定価:1,925円(本体1,750円)
ISBN 978-4-06-527134-6
通巻番号 761
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

書店在庫を見る

オンライン書店で見る