「日本社会の構造に分け入る」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
日本社会の構造に分け入る

 ミラー和空さんは、オリンパス元社長マイケル・ウッドフォード氏が告発した「オリンパス不正疑惑事件」が表面化した際に重要な役割を果たしたアメリカ人僧侶です。
 ミラーさんは三分の一世紀を優に越える年月、この国の住人であるにもかかわらず、今なお親しい人にも「あなたは日本人じゃないからわからないでしょう」と言われることがあります。
 その都度に湧き上がる疑問……。長年、この国で生活しながらも、自分は肝心な、日本人的「何か」をほんとうに見逃しているのだろうか。つまり、職場、通勤電車、交差点、公園、スーパー、呑み屋などの生活の場で往き交じり合っている、日本人たちにはくっきりと見えるのに自分には見えない重大な「何か」が。しかし、自分の気づいたもののなかには、すばらしい強さと、どうしようもない弱さがあって、むしろそのどちらにも日本人は関心がいないのではないか。
 思い立ったが吉日、ミラーさんは「この人は」と思った人に次々に会いに行き、疑問を率直にぶつけていきます。そこから見えてきたものとはなんだったか。その問いの軌跡を追います。