アメリカ人禅僧、日本社会の構造に分け入る 13人との対話

アメリカジンゼンソウニホンシャカイノコウゾウニワケイル13ニントノタイワ
  • 電子あり
アメリカ人禅僧、日本社会の構造に分け入る 13人との対話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ミラー和空さんは、オリンパス元社長マイケル・ウッドフォード氏が告発した「オリンパス不正疑惑事件」が表面化した際に重要な役割を果たしたアメリカ人僧侶です。自分の気づいたもののなかには、すばらしい強さと、どうしようもない弱さがあって、むしろそのどちらにも日本人は関心がいないのではないか。思い立ったが吉日、ミラーさんは「この人は」と思った人に次々に会いに行き、疑問を率直にぶつけていきます。


 ミラー和空さんは、オリンパス元社長マイケル・ウッドフォード氏が告発した「オリンパス不正疑惑事件」が表面化した際に重要な役割を果たしたアメリカ人僧侶です。
 ミラーさんは三分の一世紀を優に越える年月、この国の住人であるにもかかわらず、今なお親しい人にも「あなたは日本人じゃないからわからないでしょう」と言われることがあります。
 その都度に湧き上がる疑問……。長年、この国で生活しながらも、自分は肝心な、日本人的「何か」をほんとうに見逃しているのだろうか。つまり、職場、通勤電車、交差点、公園、スーパー、呑み屋などの生活の場で往き交じり合っている、日本人たちにはくっきりと見えるのに自分には見えない重大な「何か」が。しかし、自分の気づいたもののなかには、すばらしい強さと、どうしようもない弱さがあって、むしろそのどちらにも日本人は関心がいないのではないか。
 思い立ったが吉日、ミラーさんは「この人は」と思った人に次々に会いに行き、疑問を率直にぶつけていきます。そこから見えてきたものとはなんだったか。その問いの軌跡を追います。

目次

  • 【対談相手】
  • 玄田有史(東京大学社会科学研究所教授)
  • 松谷明彦(政策研究大学院大学名誉教授)
  • 佐谷眞木人(恵泉女学園大学教授)
  • 村田和樹(龍昌寺住職)
  • マイケル・ウッドフォード(オリンパス株式会社、元社長兼CEO)
  • 奥山俊宏(朝日新聞編集委員)
  • 渡辺雅男(一橋大学名誉教授)
  • ピーター・タスカ(アーカス・インベストメント共同創設者・パートナー)
  • 池西剛(陶芸家)
  • 伊崎裕之(「アッラ クチーナ デル ソーレ」店主)
  • ジョン・シュック(リーン・エンタープライズ・インスティテュート会長兼CEO)
  • 吉田善一(東洋大学教授)
  • 藤原安紀子(詩人)

製品情報

製品名 アメリカ人禅僧、日本社会の構造に分け入る 13人との対話
著者名 著:ミラー和空
発売日 2015年07月29日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-219589-8
判型 四六変型
ページ数 386ページ

著者紹介

著:ミラー和空(ミラー ワクウ)

ミラー 和空(みらー・わくう)
1954年生まれ、アメリカン音楽大学(シカゴ市)で修士号を取得後、1978年、来日。翻訳会社や財務広報会社の勤務を経て1990年、編集デザイン事務所「ラピスワークス」を設立。企業広報用資料の企画・制作のほか、現代詩やノンフィクションの書籍の翻訳・デザインを請け負って現在に至る。書籍「Taction」(石川九楊『筆触の構造』の英訳)は日本翻訳家協会の翻訳特別賞を受賞。2009年に出家得度。また、オリンパス元社長マイケル・ウッドフォード氏が告発した「オリンパス不正疑惑事件」が表面化するに際しては重要な役割を果たした。

オンライン書店で見る