異端戦国史の最高傑作・完全復刻! 信長殺し、光秀ではない

星海社新書
イタンセンゴクシノサイコウケッサクカンゼンフッコクノブナガゴロシミツヒデデハナイ
  • 電子あり
異端戦国史の最高傑作・完全復刻! 信長殺し、光秀ではない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

信長の死をめぐる陰謀説の古典

「天下統一を目前に、家臣である明智光秀に裏切られ、本能寺で非業の最期を遂げる織田信長」。ところが、本能寺が炎に包まれたとき、光秀は本能寺はおろか京都にさえ居なかった。著者は当時の公家の日記「言経卿記」を引いて、光秀が京都にあらわれる前に本能寺は灰塵に帰しており、光秀にはアリバイがあったと断言する。では、信長殺しの真犯人は誰か? 光秀の重臣・斎藤利三の暴走説から、信長の正室・奇蝶の黒幕説、イエズス会による爆破説まで。稀代の歴史作家が本能寺の変の「正史」に真っ向から斬り込んだ、異端の王道「八切史観」を知るための代表的著作。

製品情報

製品名 異端戦国史の最高傑作・完全復刻! 信長殺し、光秀ではない
著者名 著:八切 止夫
発売日 2022年01月26日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-526774-5
通巻番号 209
判型 新書
ページ数 496ページ
シリーズ 星海社新書
初出 本書は『信長殺し光秀ではない』(日本シェル出版、1981年・新装版)を底本として、再編集して出版したものです。

著者紹介

著:八切 止夫(ヤギリ トメオ)

歴史小説家。1914‐1987年。名古屋市生まれ。1939年頃から「新青年」などに冒険小説や推理小説を書き始める。1964年「寸法武者」が第3回小説現代新人賞を受賞。1960年代後半から、歴史小説家として本格的な文筆生活に入る。以後、「八切史観」とよばれる独自の歴史観に基づく膨大な作品を発表。本書の「織田信長を殺したのは光秀ではない」をはじめ、「上杉謙信は女だった」「徳川家康は二人いた」など、従来の「歴史学」では考え得ない大胆な異説の数々は多くの読者を驚かせた。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る