夜カフェ(11)

青い鳥文庫
ヨルカフェ11
作:倉橋 燿子 絵:たま
  • 電子あり
夜カフェ(11)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

だれも来ない、ひとりぼっちの『夜カフェ 中学生ナイト』。
もう「みんなの居場所」じゃ、なくなっちゃったんだ。

夏休みが終わり、ヤマト君はアメリカに帰ってしまった。
「ヤマト君ロス」で、なにもやる気が起きないハナビ。
他の『夜カフェ』メンバーにも、恋や人間関係、受験のプレッシャーや家のこと、
それぞれの事情や思いがあるなかで、ちょっとずつ気持ちがすれ違ってしまう。
気まずい雰囲気を変えられないまま、ついには『中学生ナイト』の参加者がゼロに!
「このままでは、中学生ナイトは、消滅してしまう」と不安になったハナビは、
思い切ってヤマト君に相談して――。

<小学校上級・中学から すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 夜カフェ(11)
著者名 作:倉橋 燿子 絵:たま
発売日 2022年01月13日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-526530-7
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:倉橋 燿子(クラハシ ヨウコ)

 広島県生まれ。上智大学文学部卒業。出版社勤務、フリー編集者、コピーライター を経て、作家デビュー。講談社X文庫『風を道しるべに……』等で大人気を博した。 その後、児童読み物に重心を移す。主な作品に、『いちご』(全5巻)、『青い天使』(全9巻)、『ドリームファーム物語 ペガサスの翼』(全3巻)、『月が眠る家』(全5巻) 『パセリ伝説』(全12巻)『パセリ伝説外伝 守り石の予言』「ラ・メール星物語」シリーズ、「魔女の診療所」シリーズ、「ドジ魔女ヒアリ」シリーズ、「ポレポレ日記」シリーズ、『生きているだけでいい!~馬がおしえてくれたこと~』(以上、すべて青い鳥文庫/講談社)、『風の天使』(ポプラ社)などがある。

絵:たま(タマ)

 岩手県生まれ。2009年イラストレーターとして活動開始。初音ミクなどボカロのイラストを数多く手がける。スマホゲーム「♯コンパス~戦闘摂理解析システム~」のマルコス’55のキャラクターデザインも手がける。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る