夜カフェ(7)

青い鳥文庫
ヨルカフェ7
作:倉橋 燿子 絵:たま
  • 電子あり
夜カフェ(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ふきげんな子が参加するようになって、
「夜カフェ」は、イヤな雰囲気に……。
 
あたしは中2のハナビ。親友のティナちゃんたちと、
みんなでごはんを食べる場所「夜カフェ」を開いてる。
愛子さんの友だちの娘・中2のミウちゃんが「夜カフェ」に
参加することに。でも、離れたところにすわり、ずっとふきげんで、
ハナビたちは気をつかってへとへと。つぎの週には
ガラの悪い友だちを連れてきて、小学生がおびえてしまい……。
一方、ヤヤコも「夜カフェ」に顔を出すようになり、みんなが緊張。
「夜カフェ」は、どうなっちゃうの?
<小学校上級・中学から すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 夜カフェ(7)
著者名 作:倉橋 燿子 絵:たま
発売日 2020年09月16日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-520672-0
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:倉橋 燿子(クラハシ ヨウコ)

 広島県生まれ。上智大学文学部卒業。出版社勤務、フリー編集者、コピーライター を経て、作家デビュー。講談社X文庫『風を道しるべに……』等で大人気を博した。 その後、児童読み物に重心を移す。主な作品に、『いちご』(全5巻)、『青い天使』(全9巻)、『ドリームファーム物語 ペガサスの翼』(全3巻)、『月が眠る家』(全5巻) 『パセリ伝説』(全12巻)『パセリ伝説外伝 守り石の予言』「ラ・メール星物語」シリーズ、「魔女の診療所」シリーズ、「ドジ魔女ヒアリ」シリーズ、「ポレポレ日記」シリーズ、『生きているだけでいい!~馬がおしえてくれたこと~』(以上、すべて青い鳥文庫/講談社)、『風の天使』(ポプラ社)などがある。

絵:たま(タマ)

 岩手県生まれ。2009年イラストレーターとして活動開始。初音ミクなどボカロのイラストを数多く手がける。スマホゲーム「♯コンパス~戦闘摂理解析システム~」のマルコス’55のキャラクターデザインも手がける。

おすすめの本

オンライン書店で見る