〈世界史〉の哲学 近代篇2 資本主義の父殺し

文芸(単行本)
セカイシノテツガクキンダイヘン2シホンシュギノチチゴロシ
  • 電子あり
〈世界史〉の哲学 近代篇2 資本主義の父殺し
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

近代には不思議な性質がある。近代はいわば自分自身を否定するのであり、その否定を含めて近代なのだ。その奇妙なメカニズムに迫るため、本書はまずドストエフスキーの小説に挑む。
ドストエフスキーの小説を通じて何が解明されるのか。資本主義のメカニズムである。と、書くとびっくりされるかもしれない。ドストエフスキーの文学と資本主義とはあまり関係がないと思えるからだ。だが、両者のつながりを理解するには、資本主義の本質を理解しておく必要がある。資本主義は一種の宗教である。
資本主義が宗教の一種であるならば、ドストエフスキーの文学を媒介にしてそのメカニズムへと通じる道があっても不思議ではない。考えてみると、ドストエフスキーの小説では登場人物がたいていおカネのことで苦労している。と同時に彼らは絶えず神のことで思い悩んでいるのだ……。
小説同様に資本主義と骨がらみの産物として美術や歴史意識が生まれ、19世紀以降今日にいたるまでわれわれを規定している。その軛からのがれることは可能なのか? 精神の自由を求める認識の冒険はさらに佳境へ!

目次

  • まえがき
  • 第1章 父殺しの密かな欲望
  • 第2章 墓場の生ける死者たち
  • 第3章 分離派の倫理と資本主義の精神
  • 第4章 一者は一者ならず
  • 第5章 貨幣を殺す
  • 第6章 ヘーゲルを通じてドストエフスキーを読む
  • 第7章 この女性の裸の身体は美しいのか
  • 第8章 絵は何と競っているのか
  • 第9章 なぜ何かがあるのか
  • 第10章 美からの逃走
  • 第11章 「睡蓮」と「山」
  • 第12章 注意への注意
  • 第13章 存在論的に未完成な共同体
  • 第14章 「Anno Domini(主の年)」から「A.D. /B.C.」へ 
  • 第15章 構造と歴史
  • 第16章 国民の「起源」
  • 第17章 母の欲望
  • あとがき

製品情報

製品名 〈世界史〉の哲学 近代篇2 資本主義の父殺し
著者名 著:大澤 真幸
発売日 2021年06月18日
価格 定価:3,080円(本体2,800円)
ISBN 978-4-06-523550-8
判型 四六変型
ページ数 450ページ
初出 「群像」2018年11月号~2020年5月号(2019年3月号、2020年2月号をのぞく)

著者紹介

著:大澤 真幸(オオサワ マサチ)

大澤真幸(おおさわ・まさち)
1958年、長野県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。千葉大学助教授、京都大学教授を歴任。思想誌『THINKING「O」』主宰。2007年『ナショナリズムの由来』で毎日出版文化賞、2015年『自由という牢獄』で河合隼雄学芸賞をそれぞれ受賞。ほかの著書に『不可能性の時代』『〈自由〉の条件』『社会は絶えず夢を見ている』『夢よりも深い覚醒へ』『可能なる革命』『日本史のなぞ』など多数。共著に『ふしぎなキリスト教』『おどろきの中国』『げんきな日本論』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る