日本人と神

講談社現代新書
ニホンジントカミ
  • 電子あり
日本人と神
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なぜ日本人は、草木や山川までもが成仏できると考えるのか? なぜわれわれは「ご先祖様」をお祀りするのか?ーーふだんは当たり前のこととして、何気なく見過ごされている何気ない日常の習慣、思考パターンにも、それぞれに隠された精神の歴史がある。縄文から現代まで。土偶から「ゆるキャラ」まで、日本思想史の第一人者とともに、さまざまな事象の中に「日本人の心の歴史」をたどる。

目次

  • 序章 鳥居のある寺、死者を祀る社
  • 第一章 聖性の覚醒--有史以前
  • 第二章 定住する神々--始原から古代へ
  • 第三章 救済者の探求--古代から中世へ
  • 第四章 煉獄の拡張--中世から近世へ
  • 第五章 還俗する来世ーー近世から近代へ
  • 終章  神のゆくえ

製品情報

製品名 日本人と神
著者名 著:佐藤 弘夫
発売日 2021年04月14日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-523404-4
通巻番号 2616
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:佐藤 弘夫(サトウ ヒロオ)

佐藤弘夫(さとう ひろお)
1953年、宮城県生まれ。東北大学名誉教授。東北大学大学院文学研究科博士前期課程修了。博士(文学)。専門は日本思想史。『日本中世の国家と仏教』(吉川弘文館)『鎌倉仏教』(ちくま学芸文庫『アマテラスの変貌』(法蔵館文庫)『日蓮』(ミネルヴァ書房)『偽書の精神史』『起請文の精神史』(ともに講談社選書メチエ)『日蓮「立正安国論」 全訳注』『「神国」日本』(ともに講談社学術文庫)など多数の著書がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る