一外交官の見た明治維新

講談社学術文庫
イチガイコウカンノミタメイジイシン
  • 電子あり
一外交官の見た明治維新
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

<幕末史の必読書、新訳登場!>

薩英戦争と下関戦争、開港をめぐる激しい外交戦、熱い政治談義、刺激的な国内旅行、そして戊辰戦争―
英国青年外交官が「幕末日本」を全身で体感する!

攘夷の嵐が吹き荒れ、政局が緊迫する文久二(一八六二)年、一人のイギリス人通訳官が日本の地を踏んだ。
西郷隆盛ら雄藩・幕府の要人、果ては天皇、あるいは市井の人々との出会いを重ね、日本文化の奥深さに魅了され、そしてときには命の危険を乗り越えながら、彼は日本史上の最大転換点を目撃する。
日本人が長く読み継いできた幕末史の第一級証言を、英国外交史研究を踏まえた新訳で読む。

巻末には、イギリス外交史、日英関係史を研究する訳者による、これまでの研究蓄積を踏まえて本書の歴史的意義を問い直す、懇切な解説を掲載。
歴史小説などで語られてきた歴史像を刷新し、グローバルな視野で幕末日本を見据える視座が得られる!

製品情報

製品名 一外交官の見た明治維新
著者名 著:アーネスト・メイスン・サトウ 訳:鈴木 悠
発売日 2021年04月15日
価格 定価:2,255円(本体2,050円)
ISBN 978-4-06-522776-3
通巻番号 2666
判型 A6
ページ数 664ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:アーネスト・メイスン・サトウ(アーネスト・メイスン・サトウ)

Sir Ernest Mason Satow. 1843-1929年。在日イギリス公使館通訳官を務め、後に駐日公使。著作に『アーネスト・サトウの明治日本山岳記』『アーネスト・サトウ公使日記』など。

訳:鈴木 悠(スズキ ユウ)

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス博士課程修了(Ph.D.)。専攻は日英関係史。著書に『Britain, Japan and China, 1876-1895: East Asian International Relations before the First Sino-Japanese War』(Routledge)がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る