新版 絵でわかる日本列島の誕生

シンパンエデワカルニホンレットウノタンジョウ
  • 電子あり
新版 絵でわかる日本列島の誕生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「絵でわかるシリーズ」の人気作が改訂!

わたしたちの住む日本列島は、いつからここにあるのでしょうか? どうして「逆くの字」形なのでしょう? その成り立ちは、わが国に火山や地震が集中していることとも関係しています。“いま”と“これから”を知るためにも、“過去”を明らかにすることは重要です。

各地の地質・岩石や、岩石を構成する鉱物をくわしく分析することで、しだいに列島の生い立ちがわかってきました。地質学の最前線で活躍する著者が、「国生み伝説」の真相に迫ります!

【おもな内容】
 第0章 現在の日本列島
第I部 プレートテクトニクスと付加体
 第1章 プレートテクトニクス
 第2章 日本列島をつくったプロセス――付加体の形成と浸食、そして背弧拡大
 第3章 歴史の道しるべ――年代
第II部 日本列島の形成史
 第4章 「日本列島形成史」の形成史
 第5章 産声~幼少期
 第6章 「大きな挫折」と成長期
 第7章 独立――日本海・フォッサマグナ・中央構造線の形成
 第8章 日本列島の変動とフィリピン海プレート
 第9章 フィリピン海プレートの方向転換とその影響
 第10章 日本列島に残された謎
 第11章 日本列島の基盤――各論

【プレートテクトニクスと付加体】
日本列島の誕生には、「プレートテクトニクス」が深く関わっています。プレートどうしの押し合いが、列島をつくる原動力となったのです。本書は、プレートテクトニクスの概説からはじめます。
プレートテクトニクスの理論が確立されると、日本列島の“土台”が「付加体」という構造でできていることがわかってきました。付加体が形成されるしくみをわかりやすく解説します。

【大陸からはがれた!】
日本列島の土台をなす付加体は、ユーラシア大陸の縁で形成されました。その後、大陸から“はがれて”現在のような島弧となったのです。では、どのようにはがれたのでしょうか?
現在の日本列島とユーラシア大陸は日本海によって隔てられています。日本列島がはがれる前、日本海は湖でした。湖が広がり太平洋とつながることで、日本海となったのです。
日本海の拡大は、フォッサマグナや中央構造線の形成と密接に関わっていたこともわかってきました。

【歴史の語り部】
本書で解説する日本列島の誕生と進化の歴史は、書物には記録されていません。人類が生まれるはるか前からの歴史ですから、当然です。では、どうやって明らかにするのでしょうか?
科学者は“生き証人”を見つけています。それは、古い岩石や鉱物です。その生き証人たちから昔話を聞き出す方法(地球年代学)を図解します。

製品情報

製品名 新版 絵でわかる日本列島の誕生
著者名 著:堤 之恭
発売日 2021年05月13日
価格 定価:2,530円(本体2,300円)
ISBN 978-4-06-522945-3
判型 A5
ページ数 240ページ
シリーズ KS絵でわかるシリーズ

著者紹介

著:堤 之恭(ツツミ ユキヤス)

博士(理学)。国立科学博物館地学研究部研究主幹。
1998年、広島大学理学部地球惑星システム学科卒業。2003年、広島大学大学院理学研究科地球惑星システム学専攻博士後期課程修了。2003年より、国立科学博物館地学研究部研究員。2013年より現職。2015年より、筑波大学生命環境系准教授を兼任。2009年、日本鉱物科学会論文賞受賞。著書に『絵でわかる日本列島の誕生』(講談社)がある。

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る