中国のITは新型コロナウイルスにどのように反撃したのか? 中国式災害対策技術読本

星海社新書
チュウゴクノアイティーハシンガタコロナウイルスニドノヨウニハンゲキシタノカチュウゴクシキサイガイタイサクギジュツドクホン
中国のITは新型コロナウイルスにどのように反撃したのか? 中国式災害対策技術読本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中華ITと新型コロナウイルスの戦い、その全記録!

2020年、世界で最も早く新型コロナウイルスの流行に見舞われた中国では、管理社会ならではの規模とスピードでITを活用してウイルスに立ち向かった! 誰もが使うスーパーアプリで給付金とデジタル通行手形を発行し、病院では最新鋭の5G・AI・VRをフル活用。警備や緊急搬送にはドローンを駆使して非接触を実現し、市民に信用スコアを発行して災害支援活動を推奨。中国政府と企業・自治体が打ち出したさまざまなIT活用方法には、今こそ日本が学ぶべきヒントが満載だった! 最新の現地情報たっぷりでお届けする、中華テクノロジーの最前線がここにある!

*本書目次より抜粋

はじめに

1章 災害時にITをフル活用できた理由

2章 キャッシュレススーパーアプリが実現したテクノロジー

3章 オンライン教育、リモートワークのテクノロジー

4章 生活食材を届けるテクノロジー

5章 店舗を生かすテクノロジー

6章 緊急時のマスク・医療品を届けるテクノロジー

7章 医療現場・感染防止のテクノロジー

終わりに

製品情報

製品名 中国のITは新型コロナウイルスにどのように反撃したのか? 中国式災害対策技術読本
著者名 著:山谷 剛史
発売日 2020年08月27日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-520656-0
通巻番号 165
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:山谷 剛史(ヤマヤ タケシ)

アジアITライター
1976年東京都出身。東京電機大学卒。システムエンジニアを経て、中国やアジアを専門とするITライターとなる。現地の消費者に近い目線でのレポートを得意とし、バックパッカー並の予算でアジア各国を飛び回る日々を送っている。「文春オンライン」「ASCII」「engadget」などを中心に多数の連載を持ち、単著に『中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立』(星海社新書)などがある。ツイッターは@YamayaT

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス