とうがらしの世界

講談社選書メチエ
トウガラシノセカイ
  • 電子あり
とうがらしの世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いつ、日本に伝わったのか? なぜ、辛いのか?
辛いししとうと、辛くないししとうの違いとは?
ダイエットの効果はあるのか? 
「辛い」というよりも「臭い」ハバネロ、「ネズミの糞」の名を持つ激辛種・・・。
知れば知るほど汗が出る。科学と食文化の両面から、世界のトウガラシを挟み撃つ、刺激的な「食の教養」!
第一部では、食用トウガラシの起源から、たくさんの種類、辛さの秘密、トウガラシでのダイエットまで、「トウガラシの基礎知識」を解説。
第二部は、トウガラシの故郷・中南米のハバネロに代表される激辛料理に始まり、スペイン、イタリア、東欧などのヨーロッパの郷土料理、さらにアフリカ、インド、タイ、中国、韓国・・・などなど、「世界一周トウガラシ紀行」。そして、実は豊かな日本の「唐辛子文化」を京都、信州はじめ各地に訪れる。

目次

  • 目次
  • はじめに 
  • [第一部 知っておきたいトウガラシの基礎知識]
  • 第一章 日本とうがらし事始め
  • 第二章 食用トウガラシ、その起源と種類
  • 第三章 なぜ、トウガラシは辛くなったのか
  • 第四章 トウガラシの辛味あれこれ
  • 第五章 機能性食品トウガラシ
  • [第二部 世界一周トウガラシ紀行]
  • 第六章 トウガラシの故郷―中南米
  • 第七章 原産地呼称制度と郷土料理―ヨーロッパ
  • 第八章 キネンセ種が大活躍―アフリカ
  • 第九章 ストレートで味わうか、ミックスして味わうか―南アジア
  • 第一〇章 辛いアジアと辛くないアジア―東南アジア
  • 第一一章 二つの唐辛子文化大国―東アジア
  • 第一二章 実は豊かな日本の唐辛子文化
  • 旅の終わりに

製品情報

製品名 とうがらしの世界
著者名 著:松島 憲一
発売日 2020年07月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-520292-0
通巻番号 728
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:松島 憲一(マツシマ ケンイチ)

1967年生まれ。信州大学大学院農学研究科修了。博士(農学)。農林水産省経済局国際部技術協力課総括係長、同省九州農業試験場総合研究第一チーム研究員、同省農村振興局専門官などを経て、現在、信州大学農学部准教授。

オンライン書店で見る