「世界の食べもの――食の文化地理」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
世界の食べもの――食の文化地理

日本、朝鮮、中国、東南アジア諸国、オセアニア、マグレブ……。
それぞれの風土や歴史と食生活の関連を探求し、日本の食事文化を位置づけたうえで、
米・酒・麺・茶・コーヒーなど食べものから見た世界地図を描き出す。
各地を探検し〈食文化〉研究を確立したパイオニアの手による入門書にして冒険の書。
舌は世界を駆けめぐる。美味いものに国境なし。

美味いゾ!


※本書の原本『食の文化地理』は、1995年に朝日新聞社より刊行されました。

【本書の内容】
序章  舌のフィールドワーク
■【1】 諸民族の食事
第1章 朝鮮半島の食
第2章 世界における中国の食文化
第3章 東南アジアの食事文化
     ・フィリピンの食生活 
     ・シンガポールのニョニャ料理
     ・マレーシアの食生活 
     ・インドネシアの食生活 
     ・モルッカ諸島の食事 
第4章 オセアニア――太平洋にひろがる食文化
第5章 マグレブの料理
■【2】 日本の食事
第6章 米――聖なる食べ物
第7章 日本の食事文化――その伝統と変容
第8章 現代の食生活
第9章 日本人とエスニック料理
■【3】 食べ物からみた世界
第10章 世界の米料理
第11章 すしの履歴書
第12章 麺の歴史
第13章 料理における野菜の位置
第14章 世界の酒――伝統的な酒の類型
第15章 茶とコーヒーの文明
第16章 うま味の文化
あとがき
初出一覧
文庫版あとがき