それでも気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている

講談社文庫
ソレデモキガツケバチェーンテンバカリデメシヲタベテイル
  • 電子あり
それでも気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人気シリーズ第2巻ついに文庫化!収録されているのは、松屋、モスバーガー、ジョナサン、いきなりステーキ、ミニストップ、無添くら寿司、どさん娘、ミスタードーナツ、名代 富士そば、串カツ田中、崎陽軒、洋麺屋五右衛門、伝説のすた丼屋、はま寿司、家系ラーメン、さくら水産、ステーキハウス88、大阪王将、ねぎし、コメダ珈琲、ゴーゴーカレー、磯丸水産、養老乃瀧、すしざんまい、京樽など、誰もがきっと食べたことのあるおなじみのチェーン店ばかり。著者独自の視点から、各店の魅力と栄枯盛衰を綴る。

製品情報

製品名 それでも気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている
著者名 著:村瀬 秀信
発売日 2020年07月15日
価格 定価 : 本体610円(税別)
ISBN 978-4-06-520172-5
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2017年4月に交通新聞社から刊行された単行本に、加筆修正したものです。

著者紹介

著:村瀬 秀信(ムラセ ヒデノブ)

1975年生まれ。神奈川県茅ケ崎市出身。ライター、コラムニスト。著書に『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』『プロ野球最期の言葉』『4522敗の記憶 ホエールズ&ベイスターズ涙の球団史』『止めたバットでツーベース』『ドラフト最下位』など。

オンライン書店で見る