武士の町 大坂

講談社学術文庫
ブシノマチオオサカ
  • 電子あり
武士の町 大坂
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸時代の大坂と言えば「天下の台所」、つまりは町人の都というイメージが強いだろう。司馬遼太郎は、幕府直轄の武士はわずか二百人と述べている。しかし、江戸時代のはじめからおわりまで、一貫して大坂は「武士の町」だったのだ!

大坂に武士はほんとうは何人いたのか?
武士たちはどうやって大坂の生活を楽しんでいたのか?
大坂城はどんな構造だったのか?
奉行所では何が行われていたのか?
大塩平八郎はなぜ決起したのか?
なぜ「大坂は町人の町」という言説が生まれたのか?

「武鑑」や、大坂町奉行所の絵図面、代官たちの日記、幕府にのこされた数々の文書など、数多くの史料を駆使して、大坂という町で、いかに武士が生き、歴史を動かしていたのかに光をあてる快心作。

目次

  • はじめに│「武士の町」という問い
  • 第一章 武士は何人いたか
  • 第二章 『大坂武鑑』は語る
  • 第三章 『浪華御役録』を読む
  • 第四章 西町奉行役宅を覗く
  • 第五章 大坂城の内と外
  • 第六章 ふたりの与力
  • 第七章 大坂暮らし
  • 終章 「町人の都」と「武士の町」

製品情報

製品名 武士の町 大坂
著者名 著:藪田 貫
発売日 2020年06月11日
価格 定価:1,100円(本体1,000円)
ISBN 978-4-06-519895-7
通巻番号 2614
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、2010年に中公新書より刊行された。

著者紹介

著:藪田 貫(ヤブタ ユタカ)

1948年,大阪府生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。現在,兵庫県立歴史博物館館長。関西大学名誉教授。専門は日本近世史。主な著書に,『日本近世史の可能性』『近世大坂地域の史的研究』『男と女の近世史』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る