武士の町 大坂

講談社学術文庫
ブシノマチオオサカ
  • 電子あり
武士の町 大坂
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸時代の大坂と言えば「天下の台所」、つまりは町人の都というイメージが強いだろう。司馬遼太郎は、幕府直轄の武士はわずか二百人と述べている。しかし、江戸時代のはじめからおわりまで、一貫して大坂は「武士の町」だったのだ!

大坂に武士はほんとうは何人いたのか?
武士たちはどうやって大坂の生活を楽しんでいたのか?
大坂城はどんな構造だったのか?
奉行所では何が行われていたのか?
大塩平八郎はなぜ決起したのか?
なぜ「大坂は町人の町」という言説が生まれたのか?

「武鑑」や、大坂町奉行所の絵図面、代官たちの日記、幕府にのこされた数々の文書など、数多くの史料を駆使して、大坂という町で、いかに武士が生き、歴史を動かしていたのかに光をあてる快心作。

目次

  • はじめに│「武士の町」という問い
  • 第一章 武士は何人いたか
  • 第二章 『大坂武鑑』は語る
  • 第三章 『浪華御役録』を読む
  • 第四章 西町奉行役宅を覗く
  • 第五章 大坂城の内と外
  • 第六章 ふたりの与力
  • 第七章 大坂暮らし
  • 終章 「町人の都」と「武士の町」

製品情報

製品名 武士の町 大坂
著者名 著:藪田 貫
発売日 2020年06月11日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-519895-7
通巻番号 2614
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、2010年に中公新書より刊行された。

著者紹介

著:藪田 貫(ヤブタ ユタカ)

1948年,大阪府生まれ。大阪大学大学院文学研究科博士課程中退。現在,兵庫県立歴史博物館館長。関西大学名誉教授。専門は日本近世史。主な著書に,『日本近世史の可能性』『近世大坂地域の史的研究』『男と女の近世史』など。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る