マンガでわかる 残念な人の仕事の習慣

マンガデワカルザンネンナヒトノシゴトノシュウカン
著・原作:山崎 将志 著:ISAKA
  • 電子あり
マンガでわかる 残念な人の仕事の習慣
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

頑張ってるのに結果が出ない…。あなたは、もしかして「残念な人」かもしれません。
ベストセラー書『残念な人の仕事の習慣』をアップデートして、コミカライズ。登場人物の成長に共感しながら、AIでは代わることのできない創造的な仕事の仕方が身につきます。自分の中に面白さを見出す、本当の「働き方改革」はここにある!

〈物語〉
オフィス家具メーカー入社6年にしてチーフに昇格した「デキる女」音羽希(おとわのぞみ)。「指示待ち社員」英一郎(はなぶさいちろう)との凸凹コンビで新興メーカーへの大型プレゼンに挑む!

〈目次〉
第1章 残念な人は前提条件で間違える
 コミック 「残念な後輩くん」
 解  説・「来た球を打っただけ」は本当か
     ・残念な人は、前提条件で間違える

第2章 勉強は、お金を「もらって」するもの
 コミック 「損してトク取れ」
 解  説・「朝食無料サービス」で利益が増えたゴルフ場
     ・「忙しいから人を増やす」は何も解決しない
     ・「リスクマネジメント」こそが利益
     ・一見、無意味なことが大発見につながることがある

第3章 プレゼンテーションの落とし穴
 コミック 「WHO・WHAT・HOW?」
 解  説・「どう思う?」と質問する残念な人
     ・相手に「いえいえ」と言わせるな
     ・マネジメントクラスと付き合う力量

第4章 残念なメールは金曜夜にやってくる
 コミック 「残念な上司?」
 解  説・ダメ上司ほど「帰り際」の部下を呼びとめる
     ・週末にメールを出すのをやめたら業績が伸びた
     ・残念な人には「たとえば」がない

第5章 携帯電話に月1万円払い、100円の卵で悩む習慣
 コミック 「能率の定義と方程式」
 解  説・他業種の仕組みを盗む「ベンチマーキング」の習慣
     ・普段、払い慣れていないものは「高い」と感じる

第6章 それでも、仕事を楽しむ
 コミック 「明日へ…!」
 解  説・自分の仕事の中に面白さを見出す
     ・「1年前と同じ仕事」をしている残念な習慣

目次

あなたも、もしかして「残念な人」? 自己診断

第1章 残念な人は前提条件で間違える
 コミック 「残念な後輩くん」
 解  説・「来た球を打っただけ」は本当か
     ・残念な人は、前提条件で間違える

第2章 勉強は、お金を「もらって」するもの
 コミック 「損してトク取れ」
 解  説・「朝食無料サービス」で利益が増えたゴルフ場
     ・「忙しいから人を増やす」は何も解決しない
     ・「リスクマネジメント」こそが利益

第3章 プレゼンテーションの落とし穴
 コミック 「WHO・WHAT・HOW?」
 解  説・「どう思う?」と質問する残念な人
     ・相手に「いえいえ」と言わせるな
     ・マネジメントクラスと付き合う力量

第4章 残念なメールは金曜夜にやってくる
 コミック 「残念な上司?」
 解  説・ダメ上司ほど「帰り際」の部下を呼びとめる
     ・残念な人には「たとえば」がない

第5章 携帯電話に月1万円払い、100円の卵で悩む習慣
 コミック 「能率の定義と方程式」
 解  説・他業種の仕組みを盗む「ベンチマーキング」の習慣
     ・普段、払い慣れていないものは「高い」と感じる

第6章 それでも、仕事を楽しむ
 コミック 「明日へ…!」
 解  説・自分の仕事の中に面白さを見出す
     ・「1年前と同じ仕事」をしている残念な習慣

製品情報

製品名 マンガでわかる 残念な人の仕事の習慣
著者名 著・原作:山崎 将志 著:ISAKA
発売日 2020年03月13日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-517941-3
判型 四六
ページ数 162ページ
初出 「残念な人の仕事の習慣」(アスコム 2010年9月)

著者紹介

著・原作:山崎 将志(ヤマザキ マサシ)

1971年、愛知県生まれ。ビジネスコンサルタント。1994年に東京大学経済学部経営学科を卒業し、アクセンチュア入社。2003年独立。プロフェッショナル研修の「知識工房」、事業再生コンサルティングの「アジルパートナーズ」を設立し、主に収益改善と新規事業開発の実務に携わる。2016年よりNHKラジオ第2「ラジオ 仕事学のすすめ」講師を務めている。主な著書に『残念な人の思考法』『社長のテスト』『残念なエリート』(以上、日本経済新聞出版社)、『残念な人の英語勉強法』(幻冬舎)、『「儲かる仕組み」の思考法』(日本実業出版社)などがある。

著:ISAKA(イサカ)

漫画家。

オンライン書店で見る