「猿は猿、魚は魚、人は人 松下幸之助が私につぶやいた30の言葉」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
猿は猿、魚は魚、人は人 松下幸之助が私につぶやいた30の言葉

松下幸之助さんの経営は、常に「人間大事」であり、「数字大事」で進められたことは1度もない。社員に「誇り」と「励まし」と「感謝」と「感動」を与えたおかげで、会社を成長させ、とてつもなく大きな成果を上げた。その人間大事経営の要諦は、いかに年月が経っても変わらない。――著者


時代を超えて輝く「経営の神様」の黄金のメッセージ!
世界でたった一人、松下幸之助の最も近くで仕えた著者が、23年間聞き続けた「魂の教え」を初めて明かす。
強欲資本主義と市場原理主義が行きづまった今こそじっくり学びたい、心に深く響くヒントが満載の一冊。

「冷静に判断して、後でそっと情を添えるんや」「心配せんでいい。それよりも君、志をなくしたらあかんで」
「経営学は教えられるが、経営は教えられない」「風の音を聞いても、悟る人がおる」
「250年後に、日本を楽土にする」「わしの経営理念? そうでんな、『人間大事』ということでしょうな」
……などなど、近代日本の最も偉大な経営者・松下幸之助が、最側近の著者だけにつぶやいた多くの名言と温かいエピソード、そして、それらに込められた不滅のマネジメント哲学をわかりやすく紹介する。幸之助の教えに従った著者も、経営者として34年間で売り上げを25倍にするなど、大きな成功を収めてきた。
すぐに安直なリストラに走り、短期的な儲けにばかり目を向け、数字だけを追い求める経営が流行っている21世紀。
その中で、じっくり人を育て、夢を語り、数十年後のビジョンを持ち、感性と魂を重んじて成功した松下幸之助の「人間大事経営」の知恵が、あざやかによみがえる! 30の「珠玉の名言」それぞれを冒頭に置いた全30章で構成。