人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか

ブルーバックス
ジンルイトキコウノジュウマンネンシカコニナニガオキタノカコレカラナニガオコルノカ
  • 電子あり
  • 受賞作
人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • プロローグ──「想定」の限界
  • 第1章 気候の歴史をさかのぼる
  • 第2章 気候変動に法則性はあるのか
  • 第3章 気候学のタイムマシン──縞模様の地層「年縞」
  • 第4章 日本から生まれた世界標準
  • 第5章 15万年前から現代へ──解明された太古の景色
  • 第6章 過去の気候変動を再現する
  • 第7章 激動の気候史を生き抜いた人類
  • エピローグ──次に来る時代
  • あとがき

製品情報

製品名 人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか
著者名 著:中川 毅
発売日 2017年02月15日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-502004-3
通巻番号 2004
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:中川 毅(ナカガワ タケシ)

1968年、東京都生まれ。1992年、京都大学理学部卒業。1998年、エクス・マルセイユ第三大学(フランス)博士課程修了。Docteur en Sciences(理学博士)。国際日本文化研究センター助手、ニューカッスル大学(英国)教授などを経て、現在は立命館大学古気候学研究センター長。専攻は古気候学、地質年代学。趣味はオリジナル実験機器の発明。主に年縞堆積物の花粉分析を通して、過去の気候変動の「タイミング」と「スピード」を解明することをめざしている。

お知らせ・ニュース

受賞作
『人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか』…第33回講談社科学出版賞 受賞 (2017.07.20)

書店在庫を見る

オンライン書店で見る