尾木ママの「思春期の子どもと向き合う」すごいコツ

講談社文庫
オギママノシシュンキノコドモトムキアウスゴイコツ
  • 電子あり
尾木ママの「思春期の子どもと向き合う」すごいコツ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「うちの子、スマホやLINEに夢中で勉強しなくて困ってます」「なにかと反抗的で、言うこと聞かなくて」などなど、SNSの影響も加わり、最近の10代の子どもを育てる親の不安はより強くなっています。本書は、「尾木ママ」こと人気教育評論家の尾木直樹先生が、そんな子どもへの接し方、SNSへの対処法、親の姿勢など、今日から役立つ対策をアドバイス! これを実践すれば、子どもが「わかる」「伸びる」こと確実です!

目次

  • はじめに
  • 入門編 子どもが「わかる」ママ・パパになる!
  • (1) 「自分くずし」と「自分づくり」に同時に入るのが思春期
  • (2) 「自立」と「依存」のあいだを行ったり来たり……
  • (3) “ママ・パパクッション”は自立の必需品!
  • (4) 「子離れ」と「子離し」は全然違うよ
  • (5) 親は子どもの「巣」となり「壁」となれ!
  • (6) 親の意見は、「ズバッと言って、サッと引く」のが鉄則!
  • (7) 友情は「自立の土台」なの
  • (8) 友だちは「第二の自分」。友だち批判は自分攻撃と同じ
  • (9) アイドルの追っかけは理想の自分探し?
  • コラム 荒れた子の心と向き合う
  • (10) スマホ・ケータイも子どもの「居場所」。上手に親がリードしてね
  • (11) 反抗するなかで「考える力」「判断力」が鍛えられる!?
  • (12) 「イイ子」の仮面は心のヘルプコール!
  • (13) 性の急成長。親より子どもはもっと不安なの
  • (14) 「オシャレ大好き」にはちゃんと理由がある
  • (15) 「プライド」の力で10倍、20倍の飛躍も夢じゃない
  • (16) 「成長のらせん階段」。同じに見えても違いがあるの
  • コラム 心を偽りつづける若者たち
  • 応用編 子どもを「伸ばす」ママ・パパになる!
  • (1) ストップ!「孤食」。家族の食卓力はすごいんです
  • (2) 家事の「共働」は人間力を鍛えます
  • (3) 10代だからこそ、お稽古事を奪わないで!
  • (4) 「叱らずにほめる子育て」の極意とは?
  • (5) 10代の失敗に安易なおだて、なぐさめはNG
  • (6) 子どもの悪事、そのなかにある輝きを見つけよう
  • コラム 子育てはネットワークが大切!
  • (7) 叱るときにはママとパパの役割分担を
  • (8) 大人扱いのしすぎは子どもが「なえる」
  • (9) 思春期のプライドがいじめを隠す
  • (10) ネット文化に振り回されない。カギはやっぱり「親子の絆」
  • (11) これからの時代を生き抜く“3つの力”
  • おわりに

製品情報

製品名 尾木ママの「思春期の子どもと向き合う」すごいコツ
著者名 著:尾木 直樹
発売日 2016年08月11日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-293454-1
判型 A6
ページ数 176ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2012年5月に日本図書センターより刊行された単行本『尾木ママの子どもの気持ちが「わかる」すごいコツ』を、文庫化に際し改題、加筆・修正したものです。

オンライン書店で見る