江戸の食空間――屋台から日本料理へ

講談社学術文庫
エドノショククウカンヤタイカラニホンリョウリヘ
  • 電子あり
江戸の食空間――屋台から日本料理へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

盛り場に、辻々に、縁日に、百万都市江戸を埋め尽くしたファストフード屋台から、てんぷら、すし、そばは生まれた。庶民の愛した江戸前の味、意外に質素な将軍の食卓、調味料や嗜好品がもたらした食の発展、初鰹狂奏曲、料理茶屋の番付や料理書が出版されるグルメブーム、そして究極の料理茶屋「八百善」――。多彩で華麗な江戸の食空間を読み解く。


盛り場に、辻々に、縁日に、百万都市江戸を埋め尽くしたファストフード屋台から、てんぷら、すし、そばが生まれた。庶民の愛した江戸前の味、意外に質素な将軍の食卓、調味料や嗜好品がもたらした食の発展、初鰹狂奏曲、料理茶屋の番付や料理書が出版されるグルメブーム、そして究極の料理茶屋「八百善」――。多彩で華麗な江戸の食空間を読み解く。

目次

  • 第一章 江戸のファストフードのにぎわい
  • 第二章 江戸の味の誕生
  • 第三章 将軍の食卓、町人の食卓
  • 第四章 大江戸グルメブーム
  • 第五章 究極の料理茶屋、八百善
  • 第六章 日本料理の完成

製品情報

製品名 江戸の食空間――屋台から日本料理へ
著者名 著:大久保 洋子
発売日 2012年11月13日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-292142-8
通巻番号 2142
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1998年1月、小社より講談社選書メチエ「江戸のファーストフード―町人の食卓、将軍の食卓」として刊行されたもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る