平泉の世紀―古代と中世の間

講談社学術文庫
ヒライズミノセイキコダイトチュウセイノアイダ
平泉の世紀―古代と中世の間
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界遺産・平泉とは
日本史にとって何だったのか

壮大な国家構想と軍事力。東北地方を縦断する交通網と、中尊寺にみられる仏教哲学。清衡から泰衡にいたる奥州藤原氏の百年間は、京都の政治権力が、やがてその中心を鎌倉に移す「古代から中世への過渡期」にあたっていた。頼朝を恐れさせた「平泉の実力」を、列島全体の歴史的変動の中に位置づける、東北古代史の碩学による「新たな日本史」の構想。

※本書の原本は、1999年、日本放送出版協会より刊行されました。

目次

  •  序章 平泉に向けて
  • 第一部 平泉の都
  •  第一章 平泉のおこり
  •  第二章 山平泉 里平泉 都市平泉
  •  第三章 平泉文化基礎史学
  • 第二部 平泉の国土計画――北の国づくり白書
  •  第一章 白河関から外ヶ浜まで
  •  第二章 古代「未知の奥(テラ・インコグニタ)」開拓
  •  第三章 北奥馬飼いの国経営史
  •  第四章 糠部駿馬の国づくり
  • 第三部 奥州武門 東国武門――北方武門の系譜
  •  第一章 源家「明白な宿命(マニフェスト・デスティニー)」――源氏相伝の意趣
  •  第二章 真説「前九年の役」
  •  第三章 奥羽清将軍体制
  • 第四部 平泉政権の論――柳営思想の系譜と構想
  •  第一章 将門と頼朝の間
  •  第二章 平泉柳営と鎌倉幕府
  •  第三章 鎮守府将軍と征夷大将軍
  •  終章 新しい日本史学のために

製品情報

製品名 平泉の世紀―古代と中世の間
著者名 著:高橋 富雄
発売日 2012年01月12日
価格 定価:1,210円(本体1,100円)
ISBN 978-4-06-292094-0
通巻番号 2094
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1999年、日本放送出版協会より刊行された。

書店在庫を見る