藤原道長 「御堂関白記」 (下) 全現代語訳

講談社学術文庫
フジワラノミチナガミドウカンパクキゼンゲンダイゴヤク
藤原道長 「御堂関白記」 (下) 全現代語訳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「世界記憶遺産」登録!

この世をばわが世とぞ思う望月の欠けたることもなしと思えば――。三女威子を後一条天皇の中宮に立て、ついに「一家三后」を実現した道長。宮廷での栄華が極まる一方で、その明るさに胸病・眼病が暗い影を落とし始める。政治から身を引き、極楽往生を願う晩年の日々。いまに残る日記の最終条は念仏「十七万遍」であった。政治権力者の日記、完結。

目次

  • 長和4年(1015)
  • 長和5年(1016)
  • 寛仁元年(1017)
  • 寛仁2年(1018)
  • 寛仁3年(1019)
  • 寛仁4年(1020)
  • 治安元年(1021)

製品情報

製品名 藤原道長 「御堂関白記」 (下) 全現代語訳
著者名 訳:倉本 一宏
発売日 2009年07月10日
価格 定価:1,584円(本体1,440円)
ISBN 978-4-06-291949-4
通巻番号 1949
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 現代語訳の底本としては、大日本古記録(東京大学史料編纂所・陽明文庫編、岩波書店、1952~1954年)を用い、陽明叢書(陽明文庫編、思文閣出版、1983~1984年)、平松本「御堂関白記」写真(京都大学総合図書館蔵)、「御堂関白記全注釈」(山中裕編、国書刊行会・高科書店・思文閣出版、1985年~)を参照。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス