藤原道長 「御堂関白記」 (中) 全現代語訳

講談社学術文庫
フジワラノミチナガミドウカンパクキゼンゲンダイゴヤク
藤原道長 「御堂関白記」 (中) 全現代語訳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「世界記憶遺産」登録!

藤原道長の『御堂関白記』は自筆本が現存する世界最古の日記である。一条朝から三条朝へと移る中、娘彰子に続いて成子も中宮となり、更に増大する宮廷での権勢。本巻では寛弘6(1009)年以降、彰子の親王出産、天皇崩御などの出来事から長和2年までの様々な朝儀・公事、神事・仏事や饗宴の様子が詳細に綴られる。現代語で読む宮廷政治の世界。

目次

  • 寛弘6年(1009)
  • 寛弘7年(1010)
  • 寛弘8年(1011)
  • 長和元年(1012)
  • 長和2年(1013)

製品情報

製品名 藤原道長 「御堂関白記」 (中) 全現代語訳
著者名 訳:倉本 一宏
発売日 2009年06月11日
価格 定価:1,485円(本体1,350円)
ISBN 978-4-06-291948-7
通巻番号 1948
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 現代語訳の底本としては、大日本古記録(東京大学史料編纂所・陽明文庫編、岩波書店、1952~1954年)を用い、陽明叢書(陽明文庫編、思文閣出版、1983~1984年)、平松本「御堂関白記」写真(京都大学総合図書館蔵)、「御堂関白記全注釈」(山中裕編、国書刊行会・高科書店・思文閣出版、1985年~)を参照。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス