ことばとは何か 言語学という冒険

講談社学術文庫
コトバトハナニカゲンゴガクトイウボウケン
  • 電子あり
ことばとは何か 言語学という冒険
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時の流れや社会規範によって姿を変える「ことば」。地球上にある何千種類もの言語、変化を続けるとらえどころのない対象の本質に、言語学はどこまで迫れたのか。ソシュールをはじめとした近現代の言語学の成果を検証、理論では説明しきれない言語の特別な性質をさらけ出し、グローバリゼーションの中で現代世界が直面する言語問題にも鋭く切り込む。(講談社学術文庫)


言語学は「ことば」をどこまで理解したのか。人間と切り離せない「ことば」。その本質に言語学はどこまで迫れているのか。日本を代表する言語学者が、その成果と現代世界が直面する言語問題に鋭く切り込む。

目次

  • 第1章 言語学史から何を学ぶか
  • 第2章 言語変化の問題――ことばはなぜ変ってはいけないのか
  • 第3章 当面する言語問題

製品情報

製品名 ことばとは何か 言語学という冒険
著者名 著:田中 克彦
発売日 2009年04月15日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-291942-5
通巻番号 1942
判型 A6
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、2004年、筑摩書房より刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る