ちんちん千鳥のなく声は

講談社学術文庫
チンチンチドリノナクコエハニホンゴノレキシチョウセイヘン
ちんちん千鳥のなく声は
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人は鳥の声をどのように聴いてきたか? 「父父」とスズメが呼べば「子かあ子かあ」とカラスが応え、ホトトギスは「時過ぎにけり」と鳴いていた――万葉集から童謡まで、日本語の豊かさを鳥声でたどる。

製品情報

製品名 ちんちん千鳥のなく声は
著者名 著:山口 仲美
発売日 2008年11月08日
価格 定価:1,155円(本体1,050円)
ISBN 978-4-06-291926-5
通巻番号 1926
判型 B6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1989年4月『ちんちん千鳥のなく声は-日本人が聴いた鳥の声-』として大修館書店より刊行

書店在庫を見る