戦後と高度成長の終焉  日本の歴史24

講談社学術文庫
センゴトコウドセイチョウノシュウエンニホンノレキシ
戦後と高度成長の終焉  日本の歴史24
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

民主主義国家への再出発
経済大国へ、そしてバブルの崩壊
政治は日本をどう変えたのか

戦後とはどのような時代だったのだろうか。敗戦、占領政治、そして新憲法が制定され、日本は平和と民主主義を旗印に復興への道を歩み始める。東西冷戦、朝鮮戦争、ベルリンの壁崩壊と激しく変わる国際社会。講和、日米安保、55年体制の自社両党の攻防とその終焉、高度経済成長とバブルの崩壊。政党政治を軸に内政・外交に揺れた戦後の日本を追う。

目次

  • 第1章 復興期の政党政治――1945年~1949年
  • 第2章 国際環境のなかの講和と安保――1949年~1955年
  • 第3章 変貌する戦後――1955年~1972年
  • 第4章 政党再編への胎動――1972年~1993年
  • 終章 連立政権とその行方

製品情報

製品名 戦後と高度成長の終焉  日本の歴史24
著者名 著:河野 康子
発売日 2010年06月11日
価格 定価:1,353円(本体1,230円)
ISBN 978-4-06-291924-1
通巻番号 1924
判型 A6
ページ数 400ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、2002年、小社より刊行された。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス