わかりやすく〈伝える〉技術

講談社現代新書
ワカリヤスクツタエルギジュツ
  • 電子あり
わかりやすく〈伝える〉技術
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

会議やプレゼンの前に必読!人気筆者による入門書 フリップの発想でパワポづくり、原稿は引き算で見直す、聞き手の注意はこう引きつける、名司会者に間を学ぶ──など、「テレビ的発想の説明術」を体験から伝授する。

目次

  • 第1章 まず「話の地図」を相手に示そう
  • 話にはリードをつける/内容整理のポイントは「対象化」(見える化)だ/「階層化」で話の柱や枝を作る…
  • 第2章 相手のことを考えるということ
  • 社会部時代の記者リポートで考えた/映像を意識して原稿を書く/最初はみんな同じレベル…
  • 第3章 わかりやすい図解とは何か
  • 短い文にすれば文章がうまくなる/毎日ニュースの図解を考えていた/「在宅起訴って何ですか?」…
  • 第3章 図解してから原稿を書き直す
  • どれだけ「ノイズ」をカットできるか/模型をもとに原稿を作り直す/パワーポイントの作り方…
  • 第5章 実践編 3分間プレゼンの基本
  • 数字のデータは身近な表現に/どの要素をパワポにするか/3分間を時間配分するとしたら…
  • 第6章 空気を読むこと、予想を裏切ること
  • しゃべりのうまいタレントとは/自分の持ち味を再発見した/独立して学んだこと…
  • 第7章「わかりやすく伝える」ためのコツ
  • 「3の魔術」を活用しよう/冒頭の「つかみ」に最後に戻る/笑いは潤滑油…
  • 第8章「日本語力」を磨く
  • 使いたくない言葉/マジックワードもある/キーワード力をつけよう…
  • 第9章 「声の出し方」「話し方」は独学でも
  • 腹で声を出せば腹が据わる/口を大きく開けよう/日本語の発声の基本は「あいうえお」…
  • 第10章 日頃からできる「わかりやすさ」のトレーニング
  • 私の勉強法・情報収集術/「わかりやすい話し方」の自己トレーニング…

製品情報

製品名 わかりやすく〈伝える〉技術
著者名 著:池上 彰
発売日 2009年07月17日
価格 定価:946円(本体860円)
ISBN 978-4-06-288003-9
通巻番号 2003
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:池上 彰(イケガミ アキラ)

1950年、長野県松本市生まれ。慶應義塾大学卒業後、1973年、NHK入局。2005年まで32年間、報道記者として、さまざまな事件、災害、消費者問題、教育問題などを担当する。1994年から11年間は、「週刊こどもニュース」のお父さん役を務めた。現在は、フリージャーナリストとして多方面で活躍。著書に『相手に「伝わる」話し方』(講談社現代新書)、『伝える力』(PHPビジネス新書)、『日銀を知れば経済がわかる』(平凡社新書)、『14歳からの世界恐慌入門。』(マガジンハウス)、『池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」』(集英社)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る