「伝わらない時代の伝える方法」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
伝わらない時代の伝える方法

「最近なんだか伝わっている手応えも実感もない」 「以前はもっと反応があったけど、近ごろそれもなく、やり甲斐がない」 「広告もコンテンツも効いてる気がしない」 「苦労してバズらせても、一瞬火がつくもののすぐ忘れ去られてしまう」 「SNSが重要かと思ってがんばってるけど、効果が感じられない」 ……そうお嘆きのあなたに。 あなたがどうしても伝えたいその「情報」は、どうすれば相手に伝わるのか。 広告、宣伝、広報、販促、営業、メディア…… 「伝える」仕事に携わる、全ての方への処方箋――。 ---------- ◆「情報“砂の一粒”時代」というおっそろしい情報環境◆ ある調査によると、2010年の1年間に、 世界には約1ゼタバイトの情報が流れたという。 ゼタバイトという単位、ボクは初めて知ったのだが、 これ、調べてみて驚いた。 1ゼタバイトは「世界中の砂浜の砂の数」なのだそうである。 具体的にイメージしてみてほしい。 たとえば日本を代表する砂浜のひとつである九十九里浜のすべての砂の数。 あれですら「無限」に近いと思いませんか? でも、世界規模で見たら小さな日本にある小さな砂浜なのだ。 対象は世界中の砂浜だ。 世界中の砂浜の砂の数と同じ量の情報が、流れたというのである。 この現実から目を背けてはいけない。 送り手側は「いいものを作れば伝わるんじゃないかな?」とか、 甘い希望を持ちがちだ。 でもそれはほぼ幻想なのだ。 「もう絶対に伝わらない」という圧倒的絶望から始めないといけないとボクは思う。 とはいえ、そんな絶望の中でも「伝わる方法」はある。 ボクが思うに、「ひとつ」ある。 無限の砂嵐の中で、自分が伝えたい砂粒を相手に届ける方法が 少なくともひとつはあると思っている。 そしてそれは何か冷たい触感がするテクノロジー的なものではなくて、 とてもアナログで人間的で喜びに満ちたやり方だ。 情報“砂一時代”、ファンベース、オーガニックリーチ……。 圧倒的にわかりやすい、伝える仕事「虎の巻」!